調査結果「成人の適齢は?『20歳』4割半、『18歳』は2割半」

株式会社アイシェア 2008年10月07日

「成人として適切だと思われる年齢」は「20歳」がトップで全体の4割半。最 近議論が交わされている「18歳」は2割半ばにとどまった。理由として「20歳」 では国民年金法や公職選挙法など現行の法律通りでよいとする声が多く、 「18歳」では「高校を卒業したら社会人」との認識や「運転免許証の取得が 可能になる」点が挙げられた。しかし今の20歳は経済的・精神年齢的に幼い として、1割強が「22歳」を支持している。その反面、「自分のしたことに責 任をとれる」年齢では「18歳」が2割半、「20歳」が2割強、「15歳」でも2割 弱と、「成人として適切だと思われる年齢」よりも若い認識となった。

 成人の適齢は?「20歳」4割半、「18歳」は2割半
    ~自己責任がとれる年齢、トップは「18歳」
 発表URL: (リンク »)

<調査概要>
成人年齢を18歳に引き下げる論議が活発化する中、内閣府は9月13日に「民法
の成年年齢に関する世論調査」の結果を発表。それによると、「高額な商品
の契約を一人でできる年齢」や「養子をとることができる年齢」を18歳とす
ることに反対する意見が過半数に上ったことが明らかになったが、世間の本
音はいかがなものだろうか?20代から40代を中心とするネットユーザー男女
397名の回答を集計した。

「成人」は何歳からが適切だと思うかを聞いたところ、「20歳」がトップで
44.3%。次いで「18歳」が24.9%、「22歳」が10.3%となり、性別、年代別
でも同様の順位となった。

成人として適切だと思う年齢を選んだ理由では、「20歳」を選択した人は
「現状のままでよい」が多数を占め、現行の国民年金法や公職選挙法など、
成人年齢に関連する法律を引き合いに出した上で適正とする声も多かった。

「18歳」を選んだ理由としては、「高校を卒業して社会人になる人もいるか
ら」と高校卒業を節目と考える意見や「運転免許証が取得できる」年齢を成
人ととらえる見解が目立ったが、「海外(の成人年齢)に合わせるべき」と
いう声はまばらであった。

「22歳」を支持する人では「大学を卒業する年齢」であることを理由に挙げ
る人が多く、背景には「自分の能力で収入を得られるようになった時点」を
成人と考えるのが望ましいとの意向があるようだ。さらに「現在の20歳は幼
すぎる」と思っている人も散見され、高学歴化が経済的・精神的な年齢を引
き下げたと考える人も少なくないようだ。

そんな中、「自分のしたことに責任をとれるようになるのは何歳からか」を
聞いたところ、トップは「18歳」で26.4%。以下「20歳」が21.2%、「15歳」
が18.9%で、「22歳」はわずか8.3%にとどまった。

男女別に見ると、男性では「18歳」が31.2%で、以下「20歳」23.1%、「15
歳」16.6%の順だったのに対し、女性では「18歳」の21.7%と「15歳」の
21.2%が拮抗。女性の方が若く認識していた。年代別では「18歳」がすべて
の年代でトップだったが、20代では「20歳」がトップと並ぶ22.0%、30代で
は「15歳」が23.0%、40代では「20歳」が24.6%で続く結果となり、世代間
でも見解の相違が顕著に表れた。

<調査データ>
・あなたは「成人」は何歳からが適切だと思いますか?
・「自分のしたことに責任をとれる」ようになるのは何歳からだと思います
 か?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:397名
調査日:2008年9月19日~22日
男女比:男性:50.1% 女性:49.9%
年代比:20代:12.6% 30代:49.4% 40代:30.7% その他:7.3%

 ────────────────────────────────
 「成人年齢に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR