仮想環境上の操作ログも自動収集し、高速検索・分析レポーティングを実現

統合ログ収集・分析・レポートシステム「LogCatcher for Meta Logger」機能強化のお知らせ ~特権ユーザーの操作ログを監視・分析し、監査に必要なレポートを容易に作成可能~

株式会社ネットワールド 2008年10月15日

ITソリューション・ディストリビュータの株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 塩田 侯造)と、三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(東京都港区、取締役社長 増田幹夫)、ソフトウェア開発のアイベクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 今泉清水)の3社は、ターミナルサービスのリモートからの操作履歴を記録するソフトウェア「IVEX Meta Logger for Server(アイベクス・メタ・ロガー フォー サーバー)」に対応した統合ログ収集・分析システム「LogCatcher for Meta Logger(ログキャッチャー フォー メタ・ロガー)」の機能強化製品の販売を開始いたします。

本製品はネットワールド、三菱電機インフォメーションテクロノジーおよび、両社の販売代理店を通じて2008年10月16日より販売開始します。


内部統制対策や情報漏洩対策が企業の重要課題となっている昨今、企業情報システムの監査証跡として、「いつ、誰が、何を」行ったかを正確に記録するモニタリング(監視)や記録した情報(ログデータ)の一元管理、迅速な分析・レポーティング環境の整備が求められています。


これに対して、アイベクスが開発・提供する「IVEX Meta Logger for Server」は、複数ユーザーでの同時利用が前提とされるサーバーOSでのログ取得における最も重要な課題とされていた「操作を行った内容は把握できるが、どのユーザーが操作したかがわからない」という課題を「操作履歴をOSユーザー単位に記録できる独自のメタログ方式」により解決したサーバー向けのログソフトウェアです。
「IVEX Meta Logger」シリーズでは、シンクライアント環境から(FAT)クライアント環境、サーバー環境、仮想環境に対応し、サーバーにインストールするだけで、容易かつ詳細にログを記録できる低価格な国産ソリューションです。


三菱電機インフォメーションテクノロジーの統合ログ収集・分析システム「LogCatcher for Meta Logger」では、「IVEX Meta Logger for Server」が記録したログを大福帳データベースに一元的に統合管理し、圧縮保管できます。また、「IVEX Meta Logger」シリーズの操作ログと企業内に散在する他の情報システムの異種ログとあわせた分析レポートができ、監査レポートを容易に作成できます。
なお、来る11月5日、ネットワールドとシトリックス・システムズ・ジャパンが共催する「Citrix Day 2008 in Tokyo」、にて本製品を展示・公開します。
※ 「Citrix Day 2008 in Tokyo」の詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)



◆「LogCatcher for Meta Logger」の価格と出荷時期
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇ 販売・出荷開始: 2008年10月16日


◇ 販売価格:
  サーバーライセンス 2,200,000円~(税別)
  年間使用料 初年度 680,000円 次年度 380,000円~(税別)



◆ 「LogCatcher for Meta Logger」の特長
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
① 特権ユーザーの操作ログを専用データベースで効率的に圧縮保管
「IVEX Meta Logger for Server」の記録したログを自動収集し、例えば遠隔操作環境からサーバー環境を操作する特権ユーザーの操作ログとイベントログやSyslog形式のログなどと合わせて専用データベースに最大1/40※まで圧縮して長期保管が可能です。サーバー管理者の不正閲覧の抑止効果と、情報漏洩発生時に正確かつ迅速な漏洩ルートを特定できます。
※ データや条件により結果は異なります。


② 簡単操作で複数サーバー環境とシンクライアント環境にまたがって漏洩経路を探索
「LogCatcher for Meta Logger」では、外部に機密情報が流出した場合でも、簡単な操作で複数サーバー環境とシンクライアント環境の操作ログデータをまたがって、持ち出されたデータが「いつ」、「だれが」、「どのように」持ち出したのかを時間を遡って探索できます。また、機密ファイルと同じ情報を持っている残存コピーファイルの一覧を確認でき、消し忘れなどの人的ミスのリスクを排除できます。


③ 豊富な分析テンプレートを標準搭載し、容易に監査レポート作成
「LogCatcher for Meta Logger」では、接続回数の集計表、通信履歴の明細表を新たに追加し、監査ニーズにも対応する41種類の分析テンプレートを標準搭載します。WebブラウザやExcelで1000万件のログデータを1秒で高速検索し、設計不要の専用データベースとともに導入・運用負荷を軽減します。


※ 「LogCatcher for Meta Logger」「MetaLogger」および各製品の詳細は以下をご覧ください。
(リンク ») (ネットワールド)
(リンク ») (三菱電機インフォメーションテクノロジー)
(リンク ») / (アイベクス)


________________
■株式会社ネットワールドについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション・ディストリビュータとして、ユーティリティ・コンピューティング時代の企業データセンタと、そのセキュアでユビキタスなアクセスを実現する革新的な技術製品と関連サービスを提供しています。サーバーやストレージ、そしてアプリケーションの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。


____________________________
■三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)は、ITテクノロジーベンダーとして、データの利活用によりシステムの全体最適化を目指すデータセントリックソリューションとITサービスの継続的な品質向上とコスト削減やセキュリティー対策を実現するITマネージメントサービスに注力しています。


________________
■アイベクス株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
アイベクス株式会社は、OSレベルの高い技術力と、数年後の次世代ITシステムを見据えた製品開発戦略により、これからの本格的なシステムの仮想化時代にいち早く対応したメタログ方式の仮想化ログ・ソリューション「IVEX Meta Logger」シリーズや、従来の常識を覆す「専用機器の要らない」最短18秒の超高速起動シンクライアント基盤ソリューションなど、他社に先駆けた独創性の高いITソリューションの提供をミッションとする技術者集団です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?