ハウジング・リフォーム業界に特化したネット活用講座「ウィルニック・カレッジ」を全国各地で開講

株式会社ネクスト 2008年10月15日

From PR TIMES

ハウジング・リフォーム業界に特化したネット活用講座
「ウィルニック・カレッジ」を全国各地で開講
より効果的にエンドユーザーへアピールするネット活用法を伝授します!




================================
  ■Willnic College■
(リンク »)
================================

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営する株式会社ネクスト、および伊藤忠商事株式会社のグループ企業である株式会社ウィルニック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:四宮雅樹)は、このたび2008年10月15日(水)より、ハウジング業界およびリフォーム業界に特化したインターネット活用講座「ウィルニック・カレッジ」を新たに開講いたします。

不動産業界向け「HOME’Sカレッジ」で人気のメール講座よりスタート!

インターネットを利用したユーザーからの問合せ・商談がますます増える中、ハウスメーカー・工務店・建設会社・リフォーム会社にとっても、インターネット上での応対スキルの習得と向上が不可欠なものとなりつつあります。
「ウィルニック・カレッジ」は、ハウジング・リフォーム業界全般におけるインターネット応対スキルの向上を目的としており、インターネットをより効果的に活用し、商談率・成約率の向上にお役立ていただくためのプログラムです。

「ウィルニック・カレッジ」は2003年に開講し、延べ6,000人以上が受講している不動産会社様向け「HOME’Sカレッジ」に、最新のハウジング・リフォーム業界のユーザー動向を加えてアレンジしておりますので、業界の皆様にとってより実用度の高い内容となっております。
まずは「HOME’Sカレッジ」で人気のメール対応をテーマに、3つのコンテンツからスタートいたします。
「返信メールに何を書けばいいのかわからない」、「お客様から全然返事をもらえない」とお悩みの方、ぜひ「ウィルニック・カレッジ」にご参加ください!

-----------------------------------------------
「ウィルニック・カレッジ」 概要
【カレッジ】
●メールコミュニケーション講座1. 【基礎編】
〈独学の落とし穴脱出! メールマーケティングの第1歩〉
●メールコミュニケーション講座2. 【強化編】
〈顧客心理をワシ掴み! 問合せ客からの返信率アップ〉
【診断】
●メールスキル診断(通信講座:10/15より受付開始)
  〈あなたのメール力を60項目で徹底分析!〉

2008年度 開講スケジュール(予定)
・10月20日(月)  大阪
・10月27日(月)  東京
・11月 7日(金) 福岡
・11月25日(火)  東京
・12月 8日(月)  名古屋
・12月12日(金)  東京
※詳細はサイトよりご覧ください
-----------------------------------------------
「ウィルニック・カレッジ」は今後もさまざまなテーマで講座を開講してまいります。
ウィルニックは、インターネットに本気で取り組む皆さまを全力で応援いたします!


< 本件に関するお問い合わせ先 >
株式会社ネクスト 管理本部 コーポレートコミュニケーション室 ウィルニック広報担当
東京都中央区晴海1-8-12 晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーZ棟 15階
TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963 E-MAIL:press@next-group.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストの関連情報

株式会社ネクスト

株式会社ネクストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから