コア・スタンダード、MVNO向けネットワーク評価ソリューション「ネットワーク・アナリシス・プログラム」を開発本日提供開始

~ACCA Mobileアッカ・ネットワークスの導入が決定、実測に基づきネットワークを分析~

株式会社インデックス 2008年10月17日

株式会社インデックス(代表取締役社長: 小川 善美 本社: 東京都世田谷区)の子会社で、モバイルを軸に、事業企画の立案や携帯端末とコンテンツのソリューションを提供する株式会社コア・スタンダード(代表取締役社長: 岩重 智也 本社: 東京都世田谷区 以下、コア・スタンダード)は、無線・ネットワーク環境を、実測データを元に総合的に診断する、MVNO向けのネットワーク性能評価ソリューション「ネットワーク・アナリシス・プログラム」を開発し、本日2008年10月17日より提供を開始します。


■「ネットワーク・アナリシス・プログラム」について
刻々と変化する無線環境、ネットワーク環境を、実測データを元に総合的に診断し、評価、分析を行います。時間、場所、通信機器ごと等、各コンポーネント別のトラフィック状況やスループット等を把握し、レポートとして提出します。 競合他社と比較した際のネットワークのアドバンテージの把握やウィークポイントの改善、対策を行うことで、お客様への安定したネットワーク環境を提供することができます。

また、導入先に、株式会社アッカ・ネットワークス(代表取締役社長: 須山 勇 本社: 東京都千代田区 以下、アッカ・ネットワークス)のACCA mobileが決定しました。
アッカ・ネットワークスでは、MVNOサービスの拡大に向け、「ネットワーク・アナリシス・プログラム」を活用し、ネットワークの把握及びそれに基づく営業活動を進めています。


■「ネットワーク・アナリシス・プログラム」の活用について
本ソリューションを利用することで、顧客の利用環境の把握や、他のMVNO等、競業サービスとの比較、導入予定企業の事業所周辺の状況把握、通信機器毎の性能の把握等を行うことができ、サービス向上に役立てることができます。

・ 導入メリット
お客様個別のネットワーク状況の把握が可能です。また状況により改善、対策のコンサルティングまで行います。他社と比較したアドバンテージを把握し、顧客獲得へ繋げることができます。

・ 特徴
刻々と変化するネットワーク状況を実測ベースでのきめ細かい評価と総合的な観点からの評価を行うことができます。

[サービス内容]
●納入先のニーズに併せ、評価内容を構築

・大まかな流れ
1. 評価内容、項目の設定(目的、費用の確認)
2. 測定システムの企画、構築
3. ネットワーク実測、把握
4. 集計、まとめ
5. コンサルティング


■コア・スタンダードのMVNE事業について
日本において携帯電話は、1人1台、誰もが持っているという時代になってきました。携帯電話の端末や取り巻く環境は進化が著しく、利用者は機器やネットワーク環境を含めたサービスを見極め、より自分の好みにあったものを求める時代となっています。
コア・スタンダードは、多様化するユーザーのニーズに答えるMVNO事業者の裏方(MVNE)として、「かゆいところに手が届く」ソリューションを提供していきます。今後の展開にどうぞご期待ください。


*会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インデックスの関連情報

株式会社インデックス

株式会社インデックスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!