ポータブルゲームカフェ「秋葉原集会所」について

株式会社ボーダーズ 2008年10月21日

From DreamNews

株式会社ボーダーズ(本社:東京都新宿区)が運営するネットリサーチサービス「アンとケイト」 ( (リンク ») )にて、ポータブルゲームカフェの利用意向を調べると共に、秋葉原に店舗をかまえるポータブルゲームカフェ「秋葉原集会所」のイメージを調べ、今後のポータブルゲームカフェ戦略の為の参考資料とする。
調査結果要約 ポータブルゲームカフェの認知・利用意向●ポータブルゲームカフェの認知・利用意向■ 8月に秋葉原にオープンした、ポータブルゲームカフェ(ポータブルゲームの通信プレーを楽しみたいポータブルゲーマー向けに提供するスペース)の認知率・利用意向を調査した。
■ ポータブルゲームカフェ「秋葉原集会所」の認知率は13.9%、男性15~19歳では4人に1人(26.5%)が認知
■ ポータブルゲームカフェについて、「ぜひ利用したい」5.8%、「機会があれば利用したい」23.7%。男性10~29歳と女性15~19歳に利用意向が高い。
●ポータブルゲーム機の所有率
■ 15~49歳のポータブルゲーム所有率は66.9%
■ 機種別では、ニンテンドーDSが54.0%と高い。
調査結果の詳細 1 所有しているポータブルゲーム機の割合(1) 所有しているポータブルゲーム機の割合
所有しているポータブルゲーム機をたずねた。
15~49歳のポータブルゲーム機所有率は66.9%、ポータブルゲーム機の機種別所有率は「ニンテンドーDS(Liteも含む)」54.0%、「ゲームボーイアドバンス(SPも含む) 」27.8%、「ゲームボーイ(ゲームボーイカラーも含む) 」27.1%、「プレイステーション・ポータブル」22.9%、「ゲームボーイポケット」10.1%という結果になった。女性30~39歳の「ニンテンドーDS(Liteも含む)」が59.5%と高い。
調査結果の詳細 2「秋葉原集会所」の認知(2) 「秋葉原集会所」の認知
東京の秋葉原にあるポータブルゲームカフェ「秋葉原集会所」についての認知をたずねた。
「知っている」13.9%、「知らなかった」86.1%という結果になった。男性19歳以下4人に1人(26.5%)が認知。
ポータブルゲーム機所有者の認知率は「男性30~39歳」28.2%、「男性19歳以下」26.0%、「男性20~29歳」23.1%、「男性40~49歳」20.6%、「女性19歳以下」19.2%、「女性20~29歳」12.0%、「女性30~39歳」8.5%、「女性40~49歳」6.3%という結果になった。ポータブルゲーム機の所有有無にかかわらず「男性19歳以下」の認知率は高い。
調査結果の詳細 3 ポータブルゲームカフェの利用意向(3) ポータブルゲームカフェの利用意向
ポータブルゲームカフェについての利用意向をたずねた。
「ぜひ利用したい」5.8%、「機会があれば利用したい」23.7%、「あまり利用したいとは思わない」27.7%、「まったく利用したいとは思わない」42.8%という結果になった。ポータブルゲーム機所有者の利用意向は「男性19歳以下」15.0%、「男性20~29歳」13.2%、「男性40~49歳」9.5%、「女性19歳以下」7.1%、「男性30~39歳」7.0%、「女性40~49歳」4.7%、「女性20~29歳」4.0%、「女性30~39歳」0%という結果になった。 「女性19歳以下」での「機会があれば利用したい」と思う人が高い。
調査結果の詳細 4「秋葉原集会所」のイメージ(4) 「秋葉原集会所」のイメージ
ポータブルゲームカフェ「秋葉原集会所」のイメージを自由に答えてもらったところ、「オタク」「マニアック」などマニア向けの印象がある一方、共通の趣味の者同士が「集まれる」場、引きこもらずに「交流」する場として肯定的に捉える意見もみられた。
レポートダウンロードはコチラ
調査レポート掲載先
調査データを多数掲載する、調査資料、データバンクサイト「レポセン」  (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから