シーイーシー、製造業の製品開発・生産部門向けにシミュレーション及び モニタリング技法を駆使したものづくりソリューションの新ブランド 「VR+R(Virtual Reality & Reality)」を発表

パッケージソフトを中心にサービスメニューを体系化し、11月より順次サービスを提供

株式会社シーイーシー 2008年10月30日

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新野 和幸、以下シーイーシー)は、このほど製造業の製品開発・生産部門向けに、シミュレーション技法及びモニタリング技法を駆使して課題解決を図る、ものづくりソリューションの新ブランド「VR+RTM(ヴイ・アール・アール)」を立ち上げ、2008年11月より順次サービスを提供いたします。シーイーシーは「VR+RTM」ブランド関連のソリューションにて、今後3年間で15億円の売上げを見込んでいます。

競争の厳しい製造業界において、メーカー各社は常に新たな市場を開拓し、コスト削減に取り組みながら製品開発のスピードアップと品質の維持向上に迫られています。シーイーシーの提供する製造業向けソリューション「VR+RTM」は、製造業の生産現場が直面している製品開発のリードタイム短縮、短納期生産、品質向上、分散した拠点間の情報共有、コスト削減等の様々な課題に対して、シミュレーション及びモニタリング技法を駆使して「課題解決のスピードアップを支援する仕組みづくり」を提供するソリューションサービスです。

シーイーシーは2008年2月に業種別に組織を再編、全社横断的に金融業、製造業、自動車産業に特化した組織を設置しました。新たに設置された組織では40年に渡りお客様向けに提供してきた、ソフトウエア開発サービス及び情報システムサービスの経験とノウハウを集約し、新たなものづくりソリューションのメニュー開発に取り組んでまいりました。
第一弾として11月より提供するサービスメニューは「製造現場視える化支援」「開発サイクルの短縮支援」「遠隔拠点間の情報流通支援」の3つのメニューで、これらを支援するVR+RTMパッケージ製品「Vrossom」を2008年11月に、以降、順次「EYE」及びVR+RTMの基盤を支える共通プラットフォーム「MPS」を提供してまいります。

■VR+RTMシリーズ パッケージソフトウエア
「Vrossom(ヴロッサム)」
将来のワーカー不足に備えた、製造ラインの自動化(ロボット化)への適用検討作業を効率化できます。PC上にロボット,PLC等の生産設備を3次元モデルとして再現、新規設備の検討や既存設備の生産性改善等をシミュレーションすることで、ライン全体の成立性,スペックを事前検証し、設備の立上げに関わる時間を大幅に短縮できる、生産ラインのシミュレーションソフトウエアです。
基本ライセンス 1,000,000円 ~(表示コンポーネント)
  
「EYE(アイ)」
生産現場の稼働状況をPC上に3次元モデルとしてリアルタイムに再現(エミュレーション)し、遠隔地の生産状況のモニタリングをはじめ、不測の状況時の生産シミュレーション等、設備稼動率を上げるための日々の情報提供を行うと共に、生産実績と計画値との差異分析から、生産現場の課題を視える化し、仮説立案,改善実施,結果分析という改善サイクルを定着させるための仕組みを提供するソフトウエアパッケージです。
基本セット:2,500,000円 ~(実績収集機能)

【VR+RTMを支える共通プラットフォーム】
「MPS(エムピーエス)」
設計から生産の各工程を通じ、製品開発(ものづくり)に必要なCAD図面,部品構成情報,解析結果,加工プログラム,社内文書等のデータをプロジェクト毎のプロセスに合わせて統合管理することによって、各工程に必要なデータを視える化し、生産性向上を実現できる、プロジェクト管理ソフトウエアパッケージです。
CPUライセンス:2,500,000円 ~

■「VR+RTM」のコンセプト
VR(仮想化による計画の検証)とR(過去の実績・現状のモニタリングデータ)との連携を図り、PDCAサイクルをスパイラルに実行することで、生産性の向上と品質の向上を同時に実現いたします。
VRのキーワード :試作レス、前工程のデータ活用、シミュレーション
R のキーワード :計測、モニタリング

■「VR+RTM」の特長
・継続的なPDCAサイクル
計画と実績の対比分析による継続的な改善基盤を提供できます。
・スピードアップ
シミュレーション技法の採用によって、設計から量産までの各工程でのQCD改善の
スピードアップを実現できます。
・安心できるサポート
自社オリジナル製品のため、個々のお客様のニーズに合せたカスタマイズ・保守サービス
を提供できます。

このプレスリリースの付帯情報

VR+Rソリューション体系図

用語解説

■「製造業向けものづくりソリューション」サービスメニュー
【製造現場視える化支援】
①現状ヒアリング
②生産状況の実績収集、監視の効果測定
③システム開発、改造
④導入、保守
⑤データ分析、レポート作成 他
適用パッケージ:EYE
参考価格:5,000,000円~

【開発サイクルの短縮支援】
①現状ヒアリング
②シミュレーション技法の適用検討
③CADデータ活用検討(3Dモデル化、設計作業効率化)
④製造データ一元管理、活用検討(管理システム適用検討)
⑤開発、保守  他
適用パッケージ:Vrossom,MPS
参考価格:10,000,000円~

【遠隔拠点間の情報流通支援】
①現状ヒアリング
②国内・海外拠点間の保守
メンテ効率化検討
③インフラ構築
④モニタリングシステム開発
⑤データ管理、分析 他
適用パッケージ:MPS
参考価格:5,000,000円~

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社シーイーシーの関連情報

株式会社シーイーシー

株式会社シーイーシーの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!