バーチャルワールド「セカンドライフ」での仮想通貨「リンデンドル」を購入決済できるプリペイド型電子マネー「BitCash」が共同キャンペーンを実施

ビットキャッシュ株式会社 2008年11月01日

From PR TIMES

***********************************************************************
バーチャルワールド「セカンドライフ」での仮想通貨「リンデンドル」を購入決済できる
プリペイド型電子マネー「BitCash」が共同キャンペーンを実施
***********************************************************************


ビットキャッシュ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村 栄仁)が発行するプリペイド型電子マネー「BitCash」は、2008年9月より、株式会社マグスル(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:新谷 卓也)が運営する「セカンドライフ日本人居住区 MagSL Tokyo」内で仮想通貨「リンデンドル(L$)」を購入できる決済サービスを開始しておりますが、このたび、2008年11月1日より下記のとおり共同キャンペーンを実施します。
今後も、ビットキャッシュ株式会社は、「BitCash」を使ってリンデンドル(L$)を購入された方が「セカンドライフ日本人居住区 MagSL Tokyo」内でより充実した生活が楽しめるようサービスを提供してまいります。

【共同キャンペーン 概要】

■キャンペーン実施期間
2008年11月1日~2008年11月30日

■キャンペーン内容
(1)L$10%増量キャンペーン
対象:期間中、「BitCash」を使って、「セカンドライフ日本人居住区 MagSL Tokyo」内ATMでリンデンドル(L$)を購入された方全員
賞品:リンデンドル(L$)を10%

※リンデンドル購入方法 -BitCash編- はこちら
(リンク »)

(2)BitCash鍵探しキャンペーン
対象:「セカンドライフ日本人居住区 MagSL Tokyo」内で、BitCashの文字の分だけ置かれた鍵を、指示書を追って全て揃え、宝箱を触わりBitCashIDを取得した方(先着500名)
賞品:体験用BitCash250円分×500名
※「セカンドライフ日本人居住区 MagSL Tokyo」内ATMのみでご利用いただけます。
 
※詳しくは  (リンク »)

<BitCashについて>  (リンク »)
 BitCashは、インターネット上で利用できるプリペイド式電子マネーです。ひらがな16文字の組み合わせで、高い匿名性と優れた利便性を持っています。全国の約38,000店舗のコンビニエンスストアやクレジットカード、オンライン銀行、郵便局ATMで24時間いつでも購入可能で、オンラインゲーム、ネット通販、デジタルコンテンツ等、約10,000サイトのコンテンツの支払いに利用できます。
 BitCash決済を導入している加盟店サイトで、BitCashひらがなIDを入力することで決済を行うことができ、プリペイドサービスの特性から、入金確認等の待ち時間なく、即時決済を完了させることができます。

<MagSLについて>  (リンク »)
 株式会社マグスルは米国のバーチャルワールド「セカンドライフ」において、コミュニティ運営、土地レンタル、仮想通貨販売、参入企業支援を行うバーチャルワールドエージェンシーです。セカンドライフで約130島、800万平米の日本最大の居住区「MagSL Tokyo」を運営しており、都市内にATMを設置することで24時間いつでも仮想通貨「リンデンドル(L$)」が購入できるサービスを行っています。2007年12月のサービス開始より累計で1億5千万L$を販売しており、日本最大のサービス事業者です。


<本件リリースに関する報道関係お問い合わせ先>
・ビットキャッシュ株式会社
担当 村田 TEL:03-5572-6721
お問い合わせフォーム: (リンク »)
・株式会社マグスル
担当 伊橋(いはし) TEL:03-5667-4657
お問い合わせ: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビットキャッシュ株式会社の関連情報

ビットキャッシュ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR