Java開発フレームワーク「楽々FrameworII ver. 5.0」の販売を開始 ~デザインテーマ設定とプログラムウィザード機能を追加~

住友電工情報システム株式会社 2008年11月10日

住友電工情報システム株式会社は、ユーザインターフェース( UI )を刷新したJava(*1)開発フレームワーク「楽々FrameworkII バージョン5.0」の販売を本日より開始します。

 「楽々FrameworkII」は、業務系Webシステムの開発期間とコストの大幅な削減を実現するJava開発フレームワークです。本製品は、複雑な処理を実現する業務コンポーネントにより、ノンプログラミングで業務処理の大部分を稼動できるため、プログラム設計工数を従来の3分の1まで圧縮できます。また、データベース設計完了後、すぐに試作プログラムを自動生成し稼動できるため、Javaでそのままシステムを構築する場合に比べ10分の1の時間で高品質なプログラムが作成可能です。さらに、ワークフローや全文検索など、高機能の部品を提供していますので、大規模基幹システムを短期間で構築することができます。このような特長をもつ「楽々FrameworkII」は2002年12月の発売以来、中堅から大企業の情報システム部門やシステム開発会社を中心に約180社に導入頂いております。

 今回販売を開始する「楽々FrameworkII バージョン5.0」では、プログラム・ウィザードなど開発入門者向け機能の強化に加えて、デザインテーマ設定や自分好みの業務画面のレイアウトを保持できる機能など、システム利用者にとって使いやすい機能を強化しており、開発部門、利用部門ともにユーザビリティを向上させました。

 「楽々FrameworkII Ver.5.0」の主な特長は次のとおりです。
1.デザインテーマ設定による業務画面の刷新
 業務画面の色調やメニュー配置などを定義した「デザインテーマ」の設定機能を開発者メニューに新設しました。これにより、利用部門の希望にあわせて業務画面のルック・アンド・フィールを瞬時に切り替えることができます。「デザインテーマ」としては、従来の白を基調とした「Classic」など4種類に加えて、お客様からの要望の多かったタブ形式メニュー表示の「Round-Blue」など新デザイン2種類を追加し、6種類の中から選ぶことができます。

2.プログラムウィザード機能
 プログラム作成時にプログラムウィザード機能を使用すると、実現したい機能や画面配置イメージを手順に従って選択していくだけで、最適なプログラム部品が自動的に選択され、プログラムが生成されます。これにより、プログラムパターン(機能別に分類されたプログラム部品)を選択することに慣れていない開発入門者でも、スムーズにプログラムを生成でき、生産性と品質の向上が期待できます。

3.マイレイアウト機能
 システムの利用者が業務画面上の項目表示幅、項目表示順序をマウス操作で簡単に変更できるダイナミック・プレゼンテーション機能に、その変更内容を次回のログイン時以降も保持できるマイレイアウト機能を追加しました。これにより、システムの利用者ごとに、毎回、自分好みのレイアウトで業務データを一覧表示させることができます。なお、今回のバージョンから、業務画面上の不要項目非表示/必要項目再表示の設定機能をダイナミック・プレゼンテーションに追加しており、この設定機能もマイレイアウト機能で保存、再利用することができます。

4.ブラウザ側(クライアント側)エラーチェック機能
 データの型や範囲など、簡単な入力エラーチェックをブラウザ側で実行できる機能を追加しました。これにより、ブラウザ側とサーバの間の通信を最小限に抑えることができ、サーバへの負担を抑制し、ブラウザ応答時間を短縮できます。

 当社では「楽々FrameworkII」を、社内外のどこからでも業務を遂行し情報を活用できる「ユビキタス・ナレッジ」(*2)実現のための開発基盤と位置づけて、さらなる機能・サービスの強化を進めてまいります。

以 上


<楽々FrameworkIIのWebサイト>
(リンク »)

<楽々FrameworkII バージョン5.0の動作環境>
サーバOS :Windows Server, Linux (RedHat Enterprise Linux AS/ES, SUSE LINUX Enterprise Server), Solaris, AIX, z/Linux, i5/OS
アプリケーションサーバ:WebSphere, Oracle Application Server, WebLogic, Cosminexus, WebOTX, Interstage, Tomcat 等
データベース:Oracle, DB2 UDB, PostgreSQL, MySQL, SQL Server 等
クライアント:Internet Explorer, Netscape Navigator, FireFox

・楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
・Java、Solaris は、米国 Sun Microsystems, Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Linux は、Linus Torvalds の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・AIX、WebSphere、DB2、i5/OS は、米国 IBM Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Windows、Windows Server 、Internet Explorer、SQL Server は、米国 Microsoft Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・WebLogic は、米国 BEA Systems, Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Cosminexusは、株式会社日立製作所の登録商標です。
・WebOTX は、日本電気株式会社の登録商標です。
・Interstageは、富士通株式会社の登録商標です。
・Tomcatは、Apache Software Foundation の商標または登録商標です。
・Oracle は、米国 Oracle Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・MySQLは、MySQL AB の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Netscape、Netscape Navigator は、米国 Netscape Communications Corp. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Firefox は Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。

<住友電工情報システム株式会社の概要>
(1)設立:1998年10月1日 
(2)資本金:4.8億円
(3)出資比率:住友電気工業株式会社 60%、住友電装株式会社 40%
(4)従業員数:360名
(5)代表者:代表取締役社長 白井 清志
(6)本社所在地:大阪市淀川区西宮原2-1-3(SORA新大阪21ビル)
(7)事業内容:各種業務用ソフトウェアの開発・販売、パッケージ・ソフトの開発・販売 他

<製品に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社  システム営業部
TEL: 03-3423-5264  Email: rakrak@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社    (リンク »)
マーケティング室  TEL:06-6394-6754  FAX:06-6394-6704 
Email: mkt-ml@ml.sei.co.jp

用語解説

*1 Java:米国 Sun Microsystems, Inc が開発したオブジェクト指向プログラミング言語
*2 ユビキタス・ナレッジ:住友電気工業株式会社の造語で、「誰もが、いつでも、どこにいても、必要な情報を活用できる環境」のこと。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR