3,000万人のエンタメ消費データからリアル・マーケットを読む情報サイト『TSUTAYAエンタメ総研』を始めました!

株式会社CCC 2008年11月18日

From PR TIMES

3,000万人のエンタメ消費データからリアル・マーケットを読む
情報サイト『TSUTAYAエンタメ総研』を始めました!
(リンク »)

CD・DVD・本・GAME・コミックなどの様々なエンターテインメント・パッケージを取り扱うTSUTAYAは、エンタメ消費データから時代を先読みできる情報サイト『TSUTAYAエンタメ総研』を、総合エンターテインメント情報サイト「TSUTAYA online」上にオープンいたしました。
第一弾は、今まで以上に幅広い層から人気を得ているEXILEにフォーカスしました。
その名も「EXILE第2章 大ヒットの影にアラフォーあり!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レポートvol.1 「EXILE第2章 大ヒットの影にアラフォーあり!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1990年代バブル末期。夜の帳(とばり)が降りるとき、ミラーボールのまばゆい光線が飛び交うなか、ジュリセン(羽扇子)が宙を舞い、ワンレン姿の女性が街のあちこちを闊歩していた時代。その頃に青春を過ごしたのは30代後半~40代前半。いわゆる「アラフォー」(アラウンド・フォーティー)と呼ばれる世代である。

21世紀になり、そんな彼女たちを再び熱狂の渦に巻き込んでいるアーティストがいる。それがEXILEだ。

EXILEといえば、2003年に発売されたカバー曲「Choo Choo TRAIN」が余りにも有名だが、この原曲が発売された1991年に、20代前半でリアルタイムにこの曲を聴いていた世代がアラフォーである。

2005年にはベスト盤『EXILE PERFECT BEST』を発売し、ミリオンヒットを記録しているが、2006年春に、ヴォーカルSHUNの脱退というグループ存亡の危機に直面する。しかし、そのピンチをチャンスに変えて、新ヴォーカルに、甘いルックスのイケメン・TAKAHIROを迎え、EXILE第2章の幕開けを宣言、素早く方向転換を図った。

今年3月に発売したベスト盤『EXILE CATCHY BEST』が再びミリオンヒットを記録して、以前にも増して、輝きを放つEXILEだが、実はこのダイナミックな変革により、EXILEのCD購入者層は大きく地殻変動を起こしていたのだ。いずれもミリオンヒットのベスト盤、第1章『EXILE PERFECT BEST』と、第2章『EXILE CATCHY BEST』をデータで比較してみよう。

まず、購入者の男女比率をみると、第1章では男女均等で、50%ずつだったのに対し、第2章では女性比率が約60%に増加している。(図1)

つぎに、購入者の年代別比率をみてみると、第1章では20代が51.1%で過半数を占めていたのに対し、第2章では30代と40代が大幅に増加している。とくに40代は7.1%から17.0%へと倍増している。実はこの30代~40代の増加部分のほとんどは女性、すなわちアラフォー世代なのだ。(図2)

EXILEがアラフォー世代の支持を決定づけた要因は、何といっても2007年秋にTV放映された「めちゃ2イケてるッ!」(フジテレビ系)のオカザイルスペシャルだろう。この出演を機に、クールで骨太、ちょっといかついイメージが、一転、実は心優しくていい人! という親しみやすいイメージに変わったといえる。新メンバーTAKAHIROの人気に、オカザイル効果が加わることにより、20代中心だったファン層が、アラフォー世代の女性にまで幅を拡げたといってもいいだろう。

今回のデータ分析結果から、EXILE第2章の大ヒットにおけるアラフォー世代の存在の大きさが証明されたが、実は彼らが初めからアラフォーに狙いを定めていたフシがある。そのヒントは、ベスト盤『EXILE CATCHY BEST』の楽曲リストに隠されている。再レコーディングされた「Choo Choo TRAIN」(1991年)や、「WON'T BE LONG」(1990年)、「銀河鉄道999」(1979年)など、アラフォー世代が幼少期や青春時代に聴いていた耳に馴染みのあるカバー曲をいくつも収録し、きっちりと攻めているのである。EXILEが戦略ターゲットとして、アラフォー世代を意識していたことがわかる。

12月3日には、“EXILE PERFECT YEAR 2008”を締めくくるベスト盤『EXILE BALLAD BEST』が発売される。最近は景気低迷を背景とした節約志向により、女性が休日を家で過ごすことが多くなっているといわれているが、むしろこの兆候はEXILEにとって、大きな追い風になるはずだ。冬の寒い夜にしんみりした気分になれば、部屋で静かにバラードを聴いてみたくもなるし、世の中がクリスマスの準備に慌しくなれば、クリスマスソングの定番・ワム!の「LAST CHRISTMAS」のカバー曲を聴いて、気分を盛り上げたくもなる。

アラフォー世代の心をもしっかりと掴んだEXILE。『EXILE BALLAD BEST』のミリオンセラーは間違いないだろう。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社CCCの関連情報

株式会社CCC

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから