クライアントPCの情報漏洩対策用ソフト 「ARCACLAVIS Police(アルカクラヴィス ポリス)」の販売開始

株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイム 2008年11月28日

株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本晃)は、自社開発のARCACLAVIS(アルカクラヴィス)シリーズでクライアントPCからの情報漏洩対策用のソフト「ARCACLAVIS Police(アルカクラヴィス ポリス):以下ポリス」を開発、12月1日より販売および出荷を開始します。

背景
弊社主力製品であるアルカクラヴィスシリーズには、ICカードを認証デバイスとして本人認証の強化を実現する「アルカクラヴィス レボ」、「アルカクラヴィス エヌサス」、「アルカクラヴィス ロッキー」、さらに、本年10月にリリースしたICカード等の認証デバイスを使用せずにセキュリティ強化が実現できる拡張性の高い「アルカクラヴィス レックス」など、お客様の運用、環境などに柔軟に対応可能な製品がラインナップされており、さまざまな業種、規模の企業様に導入させていただき、ご評価いただいております。
相次ぐ情報漏洩事件が起こる中、情報漏洩の元であるクライアントPCの出入り口を簡単に制御がおこなえ、且つ、管理者の運用負荷を抑えられる製品ができないかという企業ニーズに応え、簡単運用を目指した情報漏洩対策用の製品を開発しました。「ポリス」はUSBメモリなどの記憶媒体からの情報漏洩をポリシー設定で簡単に防止することができます。

「ポリス」の概要

「ポリス」はUSBメモリなどの記憶媒体からの情報漏洩を防ぐソフトです。
・さまざまな形での情報漏洩をクライアントPCに対するポリシー設定で防止します。
・お客様の環境に左右されずにすぐに運用ができます。
・クライアントPCの各種インターフェースへの対策が簡単におこなえます。

「ポリス」 の主な特長・機能

「ポリス」は、専用サーバが不要です。Active Directoryがある環境では、グループポリシーによる一元管理ができます。また、Active Directoryの「ソフトウェアの配布」機能でクライアントPCへポリスのソフトウェアをインストールすることもできます。
Active Directoryがない環境でもポリスが提供する専用ツールを利用することでポリシーファイルを作成することができ、クライアントPCへインストール時に適用させることもできます。

・外部デバイス制御(USBメモリ、CD-ROM、プリンター制御など)
・使用アプリケーション制御(ホワイトリスト、ブラックリストによる制御など)
・デスクトップ制御(スタートメニュー、デスクトップアイコン制御など)
・ネットワーク制御(接続許可ネットワーク、接続許可ポート制御など)

メリット

「ポリス」のリリースにより、企業様は
・専用サーバレスで安価に情報漏洩対策が実現でき、簡単に運用ができます。
・一般業務で不要なデバイスやインターフェースを簡単に制御できます。
・ユーザが不正利用したときは管理者へアラート通知をメールでお知らせできます。
簡単にセキュリティレベルを高めることが可能となります。

受注開始2008年12月1日
出荷開始2008年12月1日

参考価格
ARCACLAVIS Police基本パッケージ 80,000円
ARCACLAVIS Police追加クライアントライセンス  5,500円~

※基本パッケージには、「クライアントライセンス:10式」分が含まれております。
※各参考価格には初年度保守費が含まれております。
※追加クライアントライセンスにはボリュームディスカウントの設定がございます。

この製品に関するお客様からのお問合せ
営業本部 営業2部
TEL:0120-33-6829
mailto:sales@ibe.nettime.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイムの関連情報

株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイム

株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR