オンライン広告マッチングサイト「オンライン広告.com」へリリースコンテンツ提供を開始!(企業とメディアのリレーションサイト「PR TIMES」)

株式会社PR TIMES 2008年12月01日

From PR TIMES

株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江 肇司)の子会社、株式会社PR TIMES(代表取締役:山田 健介、以下:PR TIMES)は、企業とメディアのためのリレーションサイト「PR TIMES( (リンク ») )」にて、2008年12月1日(月)より、株式会社ベレコム(本社:東京都豊島区、代表取締役:安原 力、以下:ベレコム)が運営するオンライン広告マッチングサイト「オンライン広告.com( (リンク ») )」へリリースコンテンツの提供を開始いたしました。
これにより、「PR TIMES( (リンク ») )」で配信されたプレスリリースのうち、広告・マーケティング関連のプレスリリースは、「オンライン広告.com( (リンク ») )」内、「オンライン広告ニュース」ページにて掲載されます。

※掲載ページURL: (リンク »)
(「オンライン広告.com」ホーム > オンライン広告ニュース)

今後もPR TIMESでは、様々なステークホルダーに対してコンテンツを効果的に届けられるよう、プレスリリースコンテンツの提供サイトを拡充してまいります。

【媒体概要】
「オンライン広告.com」 (リンク ») (運営:ベレコム)
「Webサイト」「ブログ」「メールマガジン」など、大小様々なオンライン媒体の広告枠を、希望の条件で検索・比較でき、申込までワンストップで行える、日本初の本格的オンライン広告マッチングサイト。

「PR TIMES」 (リンク ») (運営:PR TIMES)
企業とメディアのリレーションサイト。PR会社のノウハウが凝縮されたプレスリリース配信をネットサービスとして実現し、メディアへ最新情報を提供している。


■株式会社ベクトルについて
PR会社のベクトルは、PR事業を中心として、クチコミマーケティング、ネットPRなどのコミュニケーションサービスを提供するマーケティングカンパニーです。
【会社概要】
会社名 :株式会社 ベクトル
住所  :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設立  :1993年3月30日
代表  :西江 肇司
資本金 :2億6500万円(2007年3月末現在)
事業内容:マーケティング分野における戦略的PR等
     口コミに関するコミュニケーションマーケティング事業
     映像制作業務・その他これらに付加する一切の事業
URL : (リンク »)

■株式会社PR TIMESについて
企業とメディアのリレーションサイト「PR TIMES」を運営。PR会社のノウハウが凝縮されたプレスリリース配信をネットサービスとして実現し、メディアへ最新情報を提供している。また、ブログ記事広告「ブログタイムズ」を運営している。
【会社概要】
会社名 :株式会社 PR TIMES
住所  :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設立  :2005年12月
代表  :山田 健介
資本金 :2500万円(2007年3月末現在)
事業内容:プレスリリース配信代行サービス「PR TIMES( (リンク ») )」の運営
     クリッピング (リンク »)
     ブログ記事広告「ブログタイムズ( (リンク ») )」の運営
URL : (リンク »)


【サービスに関するお問合せ先/報道関係お問合せ先(共通)】
株式会社PR TIMES 三島、山村、山田
TEL:03-5572-6076 FAX:03-5572-6075 E-mail :prtimes@vectorinc.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社PR TIMESの関連情報

株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMESの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!