ジュニパーネットワークスとネットワンシステムズ、IPsphere技術開発で協業

ネットワンシステムズ、ジュニパーネットワークスの「OSCP」に参加

ジュニパーネットワークス株式会社 2008年12月01日

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NASDAQ:JNPR)とネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:澤田脩、以下ネットワンシステムズ)は本日、ネットワンシステムズが、ジュニパーネットワークスの「Open IP Service Creation Program」(以下、OSCP)にプレミアム・パートナーとして参加したことを発表しました。これによって、両社は、ネットワンシステムズの技術開発・統合、およびソフトウェアのカスタム化に関するノウハウと、ジュニパーネットワークスのルーティング、および「セッション&リソース管理」(以下、SRC)プラットフォームを融合して、「IPsphere Forum」仕様に準拠する革新的なサービスプロバイダ向けソリューション開発において協業します。ネットワンシステムズは、「IPsphere」のソリューション・インテグレータ・パートナーとして最初にOSCPに参加したネットワークインテグレータとなります。

両社は、今週ストックホルムで開催されている「IPsphere Forum」全体会議で、「the CONTENTsphere Field Trial Cookbook」(以下、Cookbook)を発表します。この「Cookbook」には、両社の相互接続テストにより確認された以下の内容が盛り込まれています。

ネットワンシステムズが開発した「IPsphere Service Management System」
「SRC」に基づいたジュニパーネットワークスの「S5」インタフェースの有効性と「IPsphere Forum」との連携
今年後半に実施される「CONTENTsphere Field Trial」に参加するサービスプロバイダのためのシステム実装ガイドおよび今後の開発の方向性
市場調査ならびにコンサルティングを行うCIMI社の社長兼CEOであるトム・ノル(Tom Nolle)氏は、次のように述べています。「音声に替わる革新的なサービスの構築は、サービスプロバイダにとって、将来の収益確保のための急務となっています。そのひとつの可能性が、コンテンツ配信です。『CONTENTsphere』は、『IPsphere』仕様に準拠した世界初のオープンで標準規格のフレームワークによるコンテンツ配信を実現するための試みです。『Cookbook』は、コンテンツ配信に対するリクエストと複数の通信事業者を跨ぐネットワークをリンクするためのガイダンスです。ネットワンシステムズは、『IPsphere』の信頼性をさらに高め、『CONTENTsphere』の強力な推進役としての役割を果たしています。」

ネットワンシステムズのネットワークテクノロジー本部 本部長 岩本智浩は、次のように述べています。「『OSCP』に参加したことで、ジュニパーネットワークスとのパートナーシップがさらに深まりました。お客様により付加価値の高いソリューションを提供するだけでなく、『IPsphere』における当社の活動を通じて『CONTENTsphere』の推進に貢献できることを嬉しく思います。日本市場でも、複数事業者による連携サービスや、将来の収益確保のための新しいビジネスモデルの開発は重要視されています。今回の協業で、サービスプロバイダにとって有効なソリューションの開発が加速されると確信しています。」

ジュニパーネットワークスのテクニカル・マーケティング・ディレクターであるトッド・シミズ(Todd Shimizu)は、次のように述べています。「ネットワンシステムズは、最先端IPサービスおよび『IPsphere』ソリューションの開発において、リーダーシップを発揮しています。『CONTENTsphere Coobook』は、『IPsphere』が提唱するビジョンやミッションを啓蒙するだけでなく、サービスプロバイダにとって、IPサービスの開発と導入の速度を速める実用的で有効なガイドブックです。」

「OSCP」は、ジュニパーネットワークスが2007年1月に発表した「SRC」プラットフォームのIPサービス管理機能をフルに活用したアプリケーション開発プログラムです。ジュニパーネットワークスの「SRC」に関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
(リンク »)

ネットワンシステムズについて
ネットワンシステムズは、常に最先端技術動向を見極め、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加し、安全・安心にネットワークを利活用できる環境を提供している企業です。技術研究を行うテクニカルセンター、入出荷検査を行う品質管理センター、技術者教育を提供するネットワークアカデミーなど充実した事業基盤を保有し、コンサルティング、設計、構築、運用サービスなどを包括した高信頼性・高付加価値ソリューションをワンストップで提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,116億87百万円(2008年3月期連結))

NetOneSystems、ネットワークアカデミー、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

ジュニパーネットワークスについて
ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。一元化されたネットワークにおけるサービスおよびアプリケーションの展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供し、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
www.juniper.co.jp

ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOSおよび Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。


<報道関係からのお問合せ先>
ジュニパーネットワークス株式会社
能宗正則(のうそうまさのり)
TEL : 03-5321-2866
メール : mnoso@juniper.net

ネットワンシステムズ株式会社
マーケティングコミュニケーションチーム
西田武史
TEL : 03-5462-0772
メール : media@netone.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!