調査結果「SNS利用者の4割強が『アクセス回数以前より減った』」

株式会社アイシェア 2008年12月04日

SNSの利用者は3割半と2006年時調査と変わらなかったが、利用頻度について は、利用者の4割強が「利用初期と比べてアクセス回数が減った」と回答。SNS から始まる恋を「アリだと思う」としたのは5割強で、2006年時調査に比べ15 ポイントも減少していた。ネット犯罪の増加が関係しているのか、興味深い。

SNS利用者の4割強が「アクセス回数以前より減った」
       ~SNSから始まる恋「アリだと思う」も6割半から5割に減少
     発表URL: (リンク »)

<調査概要>
mixiやモバゲーなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。
ネットユーザーの利用頻度はどうなのか?20代から40代を中心とする男女394
名の回答を集計した。なお、2006年7月にSNSに関する調査を行っており、今
回は一部比較もあわせて行うこととする。

SNSを利用しているか?との問いには、全体の35.8%が利用していると回答し、
前回調査の34.2%とほぼ同じ割合となった。男女別では女性が39.3%で男性
を約7ポイント上回り、年代別では若い年代ほど高く、20代で52.6%と半数を
超えている。30代は40.6%、40代は27.4%だった。

SNS利用者に、アクセス回数はどのくらいかを聞いたところ、1日に数回が最
も多く39.0%。また1日に10回以上は13.5%となっており、あわせて52.5%と
半数を超える人が1日に数回以上アクセスすると回答した。ちなみに前回調査
では、「1日1~2回」が24.2%、「3~4回」が16.5%、「10回以上」が12.2%
で、アクセス回数には大きな変動はないと言えそうだ。

SNS利用者に、利用初期と比べてアクセス回数はどうなったかを聞いたところ、
「以前より減った」が43.3%と最も多く、「以前と変わらない」が41.1%、
「以前より増えた」は15.6%。性別・年代別でも同様の傾向で、初期に比べ
減少傾向の様子。減った理由の自由回答を見ると、「飽きた」「興味が薄れ
た」「目新しいものがなくなった」といった声が多く見られた。

SNSから始まる恋は「アリだと思う」としたのは52.8%で2006年時の66.1%に
比べ15ポイント近く減少。ネット犯罪の増加が関係しているのだろうか。ま
た、男女別に見ると、女性で「アリだと思う」と回答したのは半数以下だが、
男性は56.2%とやや高い結果となった。年代別では若い年代ほどアリの割合
が高く、20代では63.2%となっている。

<調査データ>
・mixiやモバゲーなどのSNSを利用していますか?
・SNSから始まる恋はアリだと思いますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:394名
調査日:2008年11月18日~20日
男女比:男性:51.5% 女性:48.5%
年代比:20代:9.6% 30代:52.5% 40代:31.5% その他:6.3%

 ────────────────────────────────
 「SNS利用頻度に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい。画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-299-4356
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!