調査結果「話せたらカッコイイと思う外国語、1位『英語』、2位『仏語』」

株式会社アイシェア 2008年12月09日

外国語を話せる人はカッコイイと思うかとの調査を行ったところ、7割弱が カッコイイと思うと回答。日常会話ができるレベル話せる人では5割であるの に対し、ほとんど話せない人では7割強にのぼった。話せたらカッコイイと思 う外国語は「英語」が6割半で2位に大きな差をつけてのトップ。2位は「フラ ンス語」の1割強で、他は1割未満だった。

<調査概要>
街角で外国人に道を尋ねられて困ったという経験がある人は、案外多いので
はないだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女430名に、外
国語を話せるか、また話せたらカッコイイと思う外国語は何か等について聞
いてみた。

外国語を話せるかの問いには、67.7%が「ほとんど話せない」と回答。「日
常会話ができる」のは6.5%、「簡単な会話ならできる」のは25.8%だった。
話せる外国語の種類は「英語」が92.1%でトップ。次いで「中国語」9.4%、
「ドイツ語」5.0%となった。

外国語を話せる人はカッコイイと思うかについて聞いたところ、68.1%が
「カッコイイと思う」と回答。特に女性では75.6%と、高ポイントだった。
また、外国語で「日常会話ができる」人でカッコイイと思うと回答したのは
50.0%だったのに対し、外国語を「ほとんど話せない」人では72.9%と、回
答に大きな差が出た。外国語を話せない人ほど、外国語を話せる人はカッコ
イイと思う傾向にあるようだ。

「外国語を話せる人はカッコイイと思う」と回答した人に、話せたらカッコ
イイと思う外国語は何かと聞いたところ、トップは「英語」の64.8%。2位は
「フランス語(13.0%)」、3位は「イタリア語」と「ドイツ語」が同率の
5.1%となった。性別・年代別でもトップはすべて「英語」だが、20代では
「イタリア語(12.5%)」、40代では「フランス語(18.2%)」の人気も高
かった。

ちなみに「外国に行ったことがある」と回答した72.3%に、外国に行った時
に困ったのは会話と読み書きのどちらかを聞いたところ、70.1%が「会話」
と回答。外国語をうまく話せずに不自由な思いをしたことがある人も多いよ
うだ。こうした経験も、外国語を話せる人に憧れを抱く一因になっているの
かもしれない。

<調査データ>
・話せるとカッコイイと思う外国語は何ですか?
・外国に行った時に困ったのは、会話と読み書きのどちらですか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:430名
調査日:2008年11月21日~25日
男女比:男性:50.5% 女性:49.5%
年代比:20代:13.3% 30代:54.4% 40代:23.5% その他:8.8%

 ────────────────────────────────
 「外国語に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい。画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-299-4356
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから