住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」調査報告 トップはサブプライムの余波「リーマン・ブラザーズ破綻」

株式会社ネクスト 2008年12月15日

From PR TIMES

「Googleストリートビュー」が3位にランクイン
~2008年総決算! HOME’S住まいの10大ニュース~


住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長: 井上高志、東証マザーズ:2120 )は、エンドユーザーの関心の高さに基づいた2008年の住まい関連における10大ニュースについてのアンケートを実施いたしました。この度、その結果をまとめましたのでご報告いたします。(調査協力:株式会社 住宅新報社)


【HOME’S リサーチ】 2008年HOME’S住まいの10大ニュース”
(リンク »)


<調査概要>
調査対象 :住み替え、住まい購入に興味、関心を持つ首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)在住の20代~50代男女
調査手法 :インターネット調査
有効回答数 :2,748人 (男性1,419人、女性1,329人) ※人口構成比に基づいたウェイトバック集計を実施
調査期間 :2008年12月3日(水)~2008年12月5日(金)
調査協力 :株式会社 住宅新報社


<ランキング1位~3位>
1位:リーマン・ブラザーズ破綻(注目度:61.3%)

2位:都市部を襲うゲリラ豪雨(注目度:38.5%)

3位:Googleストリートビューが話題を呼ぶ(注目度:38.0%)

※4位以降に関しては、添付資料をご覧下さい。


「HOME'S」とは:
北海道から沖縄まで、全国約100万件の不動産物件情報を検索できる、日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイトです。 楽天市場、infoseek、Nifty、BIGLOBE、OCN、ODN、So-net、Excite、asahi.com、毎日.jp、駅前探険倶楽部、ascii24、オリコン等約30のサイトと提携しています。


< 会社概要 > 
社名    :株式会社ネクスト
証券コード :2120 東証マザーズ
設立     :1997年3月12日
代表者 :代表取締役社長 井上 高志
資本金 :1,982百万円
所在地 :〒104-6215 東京都中央区晴海1-8-12 
晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーZ棟 15階
連絡先 :電話:03-6204-4040(代) FAX:03-6204-3963
URL : (リンク »)
事業内容 :不動産ポータル事業
       ・日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S 」の企画・運営
       ・賃貸物件情報ポータルサイト「HOME'S賃貸」の企画・運営
       ・売買物件情報ポータルサイト「HOME'S不動産売買」の企画・運営
       ・新築分譲マンションポータルサイト「HOME'S新築分譲マンション」の企画・運営
       ・新築分譲マンションポータルサイト「イースマイドットコム」の企画・運営
       ・新築分譲戸建住宅ポータルサイト「HOME'S新築一戸建て」の企画・運営
       ・不動産投資ポータルサイト「HOME'S不動産投資」の企画・運営
       ・不動産オークションサイト「HOME'Sオークション」の企画・運営
       ・高齢者施設・住宅情報サイト「 HOME'S介護」の企画・運営
       ・「マンション100%」の企画・運営
       地域コミュニティ事業
       ・地域コミュニティサイト「Lococom」の企画・運営
       その他事業
       ・「HOME'S マイルーム保険」の企画・運営
       ・「HOME'S保険生活」の企画・運営
       ・「HOME'S引越し見積もり」の企画・運営
       ・Web広告プロモーション、バナー広告の企画提案
        
関係会社 :株式会社ウィルニック、株式会社レンターズ、株式会社ネクストフィナンシャルサービス


< 本件に関するお問い合わせ先 >
株式会社ネクスト 管理本部 コーポレートコミュニケーション室
広報担当 塚田 
TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963
E-MAIL:press@next-group.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストの関連情報

株式会社ネクスト

株式会社ネクストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!