共に国産の技術の粋を結集し、世界を視野に展開! トリニティーセキュリティーシステムズとモバイル・テクニカが包括的な提携を発表

株式会社モバイル・テクニカ 2008年12月18日

From ValuePress!

独自の認証技術をもとに無線通信において、Peer To Peerでの高度なセキュリティを実現する「IPNテクノロジ」を所有するT-SSと、SIP、Wi-Fiにおいて先進的な製品を提供するMTは、今後、両社の技術をお互いに提供し、音声IPワイヤレスでの高いセキュリティを実現するシステムを共同で開発いたします。このシステムは、セキュリティ、音声品質、柔軟性、拡張性、経済性で優れたソリューションとなり、急激な需要の見込まれる音声ワイヤレスでの高い利便性を期待することができます。T-SSおよびMTは、第一弾として、「IPNテクノロジ」の搭載された無線IP電話の開発を開始いたします。

■ 背景
MTは、xCubeファミリーにおいて、コンパクトで柔軟性の高いSIPと高品質なコーデックを採用した高品質な音声通話を可能にするMobby Talkを市場に提供し高い評価を得ています。
T-SSは、独自の「IPNテクノロジ」を搭載し、認証サーバーや電子証明書を必要とすることなく無線通信におけるセキュリティ問題を解決する無線LANアクセスポイント「IPN-Wシリーズ」を発売し、高い評価をいただいています。この技術をMTが販売する無線IP電話機「MobbyTalk253(モビートーク253)」に実装することで、無線 IP電話においても秘匿性の高い音声通話を可能にすることができ、従来の無線IP電話においては秘匿性を高めるために必要とされていた認証サーバーや電子証明書、これに付随する機器や手間を大幅に削減することのできる製品として「MobbyTalk-X(IPNモビートーク253)」を共同開発することになりました。
この度の提携は、こうした両社の実績や、双方の技術力に対する高い信頼を背景としており、本提携によりMTの優れたSIP、Wi-Fiにおける技術力とT-SS独自の次世代のセキュリティ技術「IPNテクノロジ」を連携させた、これまでにない高セキュリティ、高品質なVoIP製品のご提供を目指します。


■ 内容
T-SSとMTは、「IPNテクノロジ」を搭載した製品を互いに開発、販売し、以下の製品やサービスを提供致します。
・T-SS製の無線LANアクセスポイント「IPN-Wシリーズ」とMT製IP電話機「MobbyTalk-X(モビート-ククロス」の共同開発、並びに販売を行います。販売においては、相互にIPNを活用した製品の積極的な拡販を行い、Wi-Fiにおける無線通信において高いセキュリティを実現するIPNを使ったソリューションの提案を行うものとします。
・「MobbyTalk-X」の提供により、これまでセキュリティの問題から無線LANの導入やWi-FiによるVoIP関連ソリューションの導入を躊躇されていたユーザ層に対して協業の上、最適なソリューションとして提案し、販売、サポートを行ないます。
・最終顧客への提案のみならず、広くOEMなどの開発ビジネスの提案も積極的に行い、また、日本国内のみならず、海外の市場も視野に含め展開を行います。

■ ユーザメリット
「IPNテクノロジ」を搭載した無線LANアクセスポイントを使うことで、無線通信におけるセキュリティの問題は根本的な部分で解決したといえます。セキュリティの問題を意識する企業では無線LANの普及は遅れていましたが、今後は、引っ越しや席替えなどによる敷設にかかるコストが大幅に削減されるなど、無線を使うことのメリットであるフリースタイルコミュニケーション、ペーパレスなエコオフィスが容易に構築できます。しかも、IP電話機にも「IPNテクノロジ」が搭載されることで、IP電話による通信費の削減、不感地帯への対応も無線LANアクセスポイントの設置のみで簡単に化解決できるようになります。企業においてもっとも重要とされるコスト削減と業務効率の向上に大きく貢献いたします。

T-SSとMTは、さらに無線通信機器に「IPNテクノロジ」の搭載を推進し、将来に向けて広がる無線の世界において、安心と安全を提供するため開発と販売を継続して行ってまいります。


■ 販売計画
T-SS及びMTにより販売開始後1年間で約1000システムの導入を計画しております。企業規模については特に制限なく、ニュースタイルオフィス、建築関係、官公庁、研究開発部門、工場などのさまざまな業種、業務を対象としています。

【IPN-Wシリーズについて】
IPN-Wシリーズは、T-SSが独自に開発した「IPNテクノロジ」を搭載した無線LANアクセスポイントです。本製品に搭載された「IPNテクノロジ」当社独自の画期的なセキュリティ技術です。peer to peerの関係において、相互に認証を行うことができ、認証に使うパスワードは、認証完了毎に破棄されるワンタイムパスワード(T-SS取締役:清水 明宏氏が考案したSAS-2)によって高い秘匿性を実現しています。T-SSはさらにこのSAS-2と暗号化技術を結び付け、暗号化のパスワードにも認証に使うワンタイムパスワードを利用することで、さらに、その強度を高めることに成功しています。この実装における経験と技術力は「IPNテクノロジ」の秘匿性の高さとともに様々なビジネスシーンで活用することができます。
製品ラインアップとして、小中規模用(5名~300名程度)に開発された「IPN-W100シリーズ」と大規模用(300名~1,000名程度)に2008年11月25日(火)から発売される「IPN-W500シリーズ」がある。
※Wi-Fi規格に準拠していますが、IPN通信時にはIPN通信専用のクライアントアダプタが必要。

【MobbyTalk253について】
MobbyTalk253(モビートーク253)は、モバイル・テクニカがエンタープライズ仕様として提供する高性能な無線IP電話機です。本製品に搭載された当社独自の無線管理モジュール、また細かなパワーマネジメントとソフトコーデックの採用により、「接続性」、「省電力」、「音声品質」において卓越したパフォーマンスを達成しており、様々なビジネスシーンで活用することができます。
また、オープンソースIP-PBX「Asterisk」に標準対応しており、ユーザの規模に制限されない柔軟なシステム構築を実現いたします。

【株式会社トリニティーセキュリティーシステムズについて】
T-SS は、世界中のユーザが安心してデジタル情報が活用できる安全な情報ネットワーク社会の実現を目指すセキュリティテクノロジープロバイダーです。実現に向けIT 革新を自ら起こすべく、有益なセキュリティ技術を追求研究し、製品/サービス化しています。これからますますセキュリティの必要性が問われる未来に向け、未知の領域にチャレンジし、本格的なユビキタス時代のデジタルライフ、新たなビジネスをサポートしていきます。情報セキュリティの心配を安心にかえ、水のように空気のようにセキュリティがあるように、当社は時代が求める“安心”を実現していきます。

会社名: 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ
代表取締役社長: 林 元徳
所在地: 東京都千代田区東神田1-7-8 アルテビル東神田8F
創業: 2000年4月(会社設立1999年11月1日)
資本金: 1,161百万円(2008年7月末現在)
URL:  (リンク »)

【株式会社モバイル・テクニカについて】
株式会社モバイル・テクニカは2004年11月創業以来、ユビキタス・ユニファイドコミュニケーションに向けたソフトウェア/ハードウェアの開発、製造、販売を行っています。これらの製品は提携企業向けへのライセンス提供、OEM提供として広く使われております。 また、自社オリジナル機器として、IPコミュニケーションサーバxCube(クロスキューブ)を始めとし、無線IP携帯電話機、関連ソフトウェアモジュールなど、先進的な技術や製品群を顧客ニーズに添って提供しており、企業規模を問わず、企業の生産性向上や、ITインフラの最適効率化を実現します。
モバイル・テクニカに共通する設計指向は柔軟かつ拡張性に高いことであり、オープンソースを積極的に採用、公開し開発を行っております。

会社名: 株式会社モバイル・テクニカ
代表取締役社長: 根本 寿和
所在地: 東京都新宿区市谷本村町2-11
会社設立: 2004年11月
資本金: 305百万円(2008年10月末現在)
URL:  (リンク »)



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 トリニティーセキュリティーシステムズ IPNSB事業部 広報担当 西山、藤坂
電話: 03-5835-0284
FAX: 03-5835-0235
関連URL:  (リンク »)

株式会社モバイル・テクニカ 広報
電話:03-5225-1626
Fax: 03-5225-1855
関連URL: (リンク »)



《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社モバイル・テクニカの関連情報

株式会社モバイル・テクニカ

株式会社モバイル・テクニカの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから