調査結果「コンピュータウイルス感染経験者の8割が『経路に心当たりがある』」

株式会社アイシェア 2008年12月24日

コンピュータウイルスへの感染経験を聞いたところ、6割は「感染したことが ない」ものの、「今年」または「過去に」経験したことのある人が、全体の4 割近くを占め、「感染したかわからない」も4.3%存在。感染経験者の実に8 割が、その原因や経路に「心当たりがある」と答えた。

コンピュータウイルス感染経験者の8割が「経路に心当たりがある」
    発表URL: (リンク »)

<調査概要>
次から次へと進化形が登場し、パソコンの脅威となっているコンピュータウ
イルス。感染経路への心当たりなどを20代~40代を中心とするネットユーザー
417名に調査した。

回答者の91.4%がコンピュータウイルスへの対策を講じている中、ウイルス
への感染経験を問うと、「感染したことはない」が58.8%で最も多いものの、
4.8%が「今年感染した」、32.1%が「今年は感染していないが過去に感染し
たことがある」と回答。40%近い人が感染経験を持っており、「感染したか
わからない」人も4.3%存在していた。

感染経験のある人に、感染の原因や経路に心当たりがあるか聞いたところ、
46.8%が「心当たりがある」、30.5%が「なんとなく心当たりがある」と回
答。

全体の80%近くが感染経路に察しがつくとした“具体的な心当たり”につい
て自由回答形式で書いてもらったところ、最も多かったのは、「特定のサイ
トへのアクセス」や「ファイルのダウンロード」などインターネット経由の
感染とする記述だった。

次いで「メール添付」されていたとする記述が多く、昨今話題の「ファイル
交換ソフト」という記述も複数見られた。

ちなみにパソコンのウイルス探知を行う頻度を聞くと、30.5%が「毎日」と
回答。次いで「週に数回」「月に数回」が20%台で続いたが、「年に数回」
あるいは「ほとんどしない」とい人も各10%以上いた。

<調査データ>
・コンピュータウイルスに感染したことはありますか?
・ウイルスに感染した原因や経路について、心当たりはありますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:417名
調査日:2008年12月2日~4日
男女比:男性:58.0% 女性:42.0%
年代比:20代:13.4% 30代:45.8% 40代:32.9% その他:7.9%

 ────────────────────────────────
 「コンピュータウイルスに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい。画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-299-4356
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから