編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Linuxに「極めて深刻」な脆弱性--レッドハット、SuSEらがパッチリリース

Dawn Kawamoto (CNET News.com)

2005-01-14 10:25

 Red Hat、Novell、およびMandrakesoftのLinuxベンダー各社は米国時間12日、DoS(サービス拒否)攻撃を可能にする欠陥や、バッファオーバーフローなどの複数の脆弱性に対処するパッチをリリースした。

 リリースされたアップデートのうち5つは、セキュリティ情報ベンダーSecuniaによって13日に「極めて深刻」に分類されているもの。Red Hatは3つ、Novell傘下のSuSEは1つ、そしてMandrakesoftも1つのアップデートをリリースした。

 SuSEのアップデートは、特別に作成したAcrobatドキュメントを使うことで悪質なコードがローカルなDoS攻撃を仕掛けられる脆弱性などに対応する。この脆弱性はSuSE Linuxベースの大半の製品に影響する。

 SuSEによると、ネットワークトラフィックのルーティングに利用されるLinuxシステムコンポーネントにも脆弱性があり、netfilterのデータストリームに誤情報を挿入することで、悪意のある者がローカルでのDoS攻撃を仕掛けられるようになるという。

 一方、Red Hatは自社のDesktop、Enterprise、およびAdvanced-Workstationの各ソフトウェア向けにアップデートパッケージを公開した。

 アップデートされたlibtiffパッケージは、各種の整数オーバーフローに関連する脆弱性に対応するもの。この脆弱性を利用すると、攻撃者がユーザーをだまして悪質なTIFFフォーマットの画像ファイルを開かせ、libtiff関連アプリケーションをクラッシュさせたり、任意のコードを用いてコンピュータに危害を加えられるようになる。

 Red Hatはまた、バッファオーバーフローにつながる脆弱性に対処すべく、Xpdfパッケージのアップデートもリリースした。XpdfはPDF(Portable Document Format)ドキュメント閲覧用のスタンドアロンアプリケーションで、多くのLinuxプログラムで利用されている。Red Hatの最新情報によると、この脆弱性があると、攻撃者がXpdfをクラッシュさせ、場合によっては、オープン時に任意のコードを実行できるPDFファイルが作成できてしまうという。

 Red Hatはさらに、同社のXpmライブラリにある欠陥を解消するパッチも複数リリースした。XPixMap(XPM)フォーマットは、移植の簡単なファイルのなかにカラー画像を保存できるようにするもの。

 XPM画像のデコードに利用されるlibXpmライブラリには、スタックオーバーフローの欠陥や、整数オーバーフローの脆弱性が複数見つかっている。このため、攻撃者がアプリケーションをクラッシュさせるようなXPMファイルを作成すると、コンピュータシステムが危険にさらされる可能性がある。

 Mandrakesoftも、旧バージョンのGNOMEデスクトップがグラフィックス処理に利用するImlib標準コードセットのアップデートをリリースした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]