編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

1月のワーストウイルスはクリスマスカードを装う「Zafi.D」

Will Sturgeon (Silicon.com)

2004-02-02 12:53

 クリスマスの料理はとっくに食べ尽くしたというのに、クリスマスをモチーフとしたウイルスがネットワークやシステムにしつこく攻撃を仕掛けている。Sophosによれば、これは「Zafi」ウイルスの亜種で、1月に活動が報告されたウイルスの約半数が同ウイルスに関するものだったという。

 Sophosが米国時間1日に発表したところによると、「Zafi.D」と呼ばれるウイルスが、昨年12月、今年1月と、2か月にわたり、最も多く活動が報告されたウイルスであったという。Zafi.Dはクリスマスカードを装って送られてくるので、ユーザーは友人から送信されたものではないかと勘違いしてしまう。

 Sophosの世界中のラボに報告されたウイルスのうち、44%がZafi.Dに関するものだったという。年末休暇の間はオフィスを閉める企業が多く、1月になって仕事に戻った人々がいっせいに未読電子メールを閲覧したことで、Zafi.Dがまん延したのではないかと考えられる。

 Sophosが発表した1月のウイルス報告件数ランキングには、2004年に猛威を振るった「Netsky」「Bagle」「MyDoom」「Sober」などの“大物”ウイルスたちが顔を見せている。また、11か月も前から対策が施されているにもかかわらず、「Netsky.P」が2位に入っている。

 「Netsky.Pは今でも大きな脅威だ」と、SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyは指摘する。「このワームへの対策は、2004年3月にはすでに公開されていた。だが困ったことに、コンピュータに何の防御手段も講じないまま、インターネットへ接続するユーザーが後を絶たない。こうしたコンピュータがワームの繁栄を手助けしているのだ」(Cluley)

 2005年1月に報告の多かったウイルスのトップ10は以下のとおり。

  1. Zafi.D - 44 %
  2. Netsky.P - 19.4 %
  3. Zafi.B - 10.1 %
  4. Sober.I - 6.3 %
  5. Netsky.D - 3.2 %
  6. Netsky.Z - 3.1 %
  7. Bagle.AA - 2.1 %
  8. Netsky.B - 1.9 %
  9. MyDoom.O - 1.2 %
  10. Netsky.C - 1.1 %

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]