UFJ銀行とみずほ銀行をかたるフィッシングメールが発生

藤本京子(CNET Japan編集部) 2005年03月15日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UFJ銀行とみずほ銀行は、同行の名前をかたった偽装メール(フィッシングメール)がユーザーに送りつけられている事実を確認したと発表した。

 UFJ銀行は3月15日、同行からのものと偽装したメールがオンラインバンキング「UFJダイレクト」のユーザーに対して送られていると発表した。UFJ銀行を名乗ったフィッシングメールは、不特定多数の顧客に送付され、セキュリティのためと称してオンライン上で本人確認を促す内容だ。14日21時30分以降より顧客から同行のコールセンターに問い合わせがあり、15日15時時点で約400件の問い合わせがあったという。現時点で実被害は報告されていない。

 CNET Japan編集部に届いたメールによると、そこには本人確認するためのサイトのURLが書かれており、そのURLは一見SSL暗号化がなされたUFJ銀行のサイトにつながるように見える。ただし、実際にそのURLをクリックしてサイトのソースを確認すると、暗号化されていないのはもちろん、IPアドレスの数字がそのまま並んだサイトにつながる。メールに書かれたアドレスは、ミラーサイトと称するサイトも含め3つで、パラグアイ、ポーランド、韓国のサイトにつながるようになっている。

フィッシングメールでアクセスしたリンク先。実際のUFJ銀行のサイトと見た目は同じ

 一方みずほ銀行は、9日にオンラインバンキングのユーザー1名より不審なメールを受け取ったとの報告を受けた。同行では10日に事実内容をホームページ上にて公開、注意を促している。メールは「口座パスワード確認」という件名で、オンラインバンキングのパスワードを知らせる内容だったという。実被害は報告されていない。

 両行では、メールで個人情報を確認するようなことはないとしており、不審なメールは削除するよう呼びかけている。また、個人情報を入力する際はリンク先のURLを確認するよう注意を促している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算