編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日本ベリサインの盗難PC、セキュリティは「二重パスワード」のみ

早津優美(CNET Japan編集部)

2005-03-14 16:33

 日本ベリサイン社員が業務に使用していたノートPCが電車内で盗難にあった事件で、PCに施されていたセキュリティ対策は2段階のパスワード設定のみだったことが明らかになった。

 盗難にあったのは同社マーケティング本部の社員が使用していたPCで、ディスクには取引先916人分の氏名とメールアドレスが保存されている。同社の社内規定では、業務上必要でかつ社内で必要な決裁を受けていれば、業務に使用するデータを保存したPCを社外に持ち出すことは認められている。今回盗難にあったPCでは、社内規定に沿ったセキュリティ対策として二重パスワードのみが設定されており、データは平文で保存されていた。現時点でPCは発見されておらず、データの流出も確認されていない。

 同社管理本部 管理部部長の村川佳嗣氏によると、同社の主力事業である証明書発行やISMS認証取得支援などに関わる顧客データとマーケティング等の業務で使用する取引先データは異なるセキュリティレベルで管理されているという。同氏は、今後の対応策について「社員教育やシステム的な対応などを進める。例としては、持ち出しルールの見直しや、PC電源投入時の認証強化、暗号化などのデータ保護策の実施を進めたい」としている。

 日本ベリサインは、3月14日時点でISMS/BS7799等のセキュリティ認証は取得していないが、今回のPC盗難により認定資格の取得が阻まれるかとの問いに対しては「コメントを差し控えたい」(前出の村川氏)としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]