編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフトの月例パッチリリース、3月はなし

Dawn Kawamoto (CNET News.com)

2005-03-09 16:33

 Microsoftは米国時間8日、同社の不正コード除去ツールのアップデートを公開し、また3月の月例パッチリリースを見送ると発表した。

 同社はすでに3月の月例パッチリリースを省略することを明らかにしていたが、ただしセキュリティ問題に関する月例のウェブキャストは予定どおり9日に行う。

 Microsoftはまた、「Windows Malicious Software Removal」ツールのアップデートを公開する。月に1度公開しているこのツールは、今回が3度めのリリースとなるもので、ウイルスや他の「マルウェア」--Bagle、Bropia、Sober、Sobig、Gowen、GaobotやMyDoomのような悪質なソフトウェアを取り除くもの。今回のアップデートでは、ダウンロード時のプログレスバーのようなインタフェース部分にも変更が加えられている。

 Microsoftは、3月の月例パッチリリースを省略した理由として、修正パッチをさらにテストするためだと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]