期待と不安が交錯するオープンソースコンパイラの新バージョン開発

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年03月15日 14時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GCCという非常に重要なプログラミングツールのオーバーホールが計画されているが、これがすべて順調に進めば、オープンソースソフトウェア全体のパフォーマンスが一気に上がる可能性がある。

 オープンソースソフトウェアは、そのほぼすべてがGCCという「コンパイラ」を使って開発されている。コンパイラとは、人間がCなどの高級言語で書いたコマンドの集まりであるプログラムのソースコードを、コンピュータに理解できるバイナリ命令に変換するためのもの。GCC 4のリリースマネージャで、CodeSourceryという小さな企業で「ソース開発最高責任者」として働くMark Mitchellによると、近日中に登場するGCC 4.0には、この変換処理を大幅に洗練させる新しい基盤技術が搭載されるという。

 「GCC 4.0の主な目的は、コンパイラが格段に優れたコードを生成できるようにする最適化されたインフラを構築することだった」(Mitchell)

 コンパイラはソフトウェア開発コミュニティの外ではほとんど注目されないが、GCCの重要性は多岐にはわたる。まず、GCCが改善されれば、LinuxやFirefoxからOpenOffice.orgやApacheなど、あらゆるオープンソースソフトウェアのパフォーマンスも向上する。これらのソフトウェアは、それぞれMicrosoftやIBMなどの各ベンダーが投入する市販の競合製品と競合している。

 また、GCCは協調的なソフトウェア開発という理念の基盤となっている。出版の自由が民主主義にとって重要な役割を果たしているように、GCCはフリー/オープンソースプログラミングムーブメントの中心的な存在になっていると言っても過言ではない。

 GCC(GNU Compiler Collection)は、Gnu's Not Unix(GNU)が最初に手がけたプロジェクトの1つだ。Richard Stallmanは1980年代に、GNUとそれに付随するFree Software Foundationを立ち上げ、営利目的のライセンスが課す制約を一切受けないUnixクローンを作り出した。

 GCCの初めてのバージョンは1987年にリリースされ、2001年にはGCC 3.0がリリースされた。1999年にLinuxベンダーのRed Hatが買収したCygnus Solutionsは、オープンソースビジネスの草分けとなった会社だが、GCCの開発費用の大半は同社が提供したものだった。

 しかし、Evans DataアナリストのNicholas Petreleyによると、GCCの改良作業は容易ではないという。GCC 3.3から3.4へのバージョンアップでは、上位互換性を犠牲にしてパフォーマンスが改善された。Petreleyによると、このために3.3で問題なくコンパイルされていた一部のソフトウェアが、3.4ではコンパイルできなくなってしまったという。

 RedMonkアナリストのStephen O'Gradyは、GCCのアップデートによって、同ソフトウェアのある機能が損なわれるべきではないと付け加えた。その機能とは、さまざまなタイプのプロセッサに対応するソフトウェアを生成できる、というものだ。

 「クロスプラットフォームの互換性ならびに上位互換性を損わないというこの目標は、きわめて困難なものだが、もしGCCの開発プロジェクトがこの目標を達成でき、さらに大幅にパフォーマンスを向上させる最適化を実現できれば、新しいコンパイラは非常に大きな影響を及ぼすことになろう」(O'Grady)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化