B・ゲイツ:「コンシューマ市場のほうが動きが速い」

Ina Fried (CNET News.com) 2005年03月10日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンディエゴ発--個人ユーザー向けの技術分野では、技術革新のペースが加速したことで、個人ユーザーがこれらの技術や通信上のブレイクスルーを利用できるようになっている。しかし、同じ技術が法人ユーザーのもとに届くまでには、より多くの時間がかかる。Microsoft会長のBill Gatesは米国時間9日、このように語った。

 Microsoftは、個人ユーザー市場ではGoogleやNokia、Apple Computerをはじめとする競合各社との競争に直面している。そのため、同社は製品を頻繁にアップデートしており、なかには半年ごとにバージョンアップされているものもある。

 「しかし法人市場では事情が異なる」とGatesは述べ、法人向けプログラムは大規模なアップデートが実施される傾向にあるものの、そのペースは2〜3年に一度だと説明。その結果、コミュニケーション技術のブレイクスルーは、その多くがインスタントメッセージ(IM)のような個人ユーザー向けの技術となっている、と同氏は述べた。

 Gatesはこの講演のなかで、Microsoftが取り組んでいるテーマをもう1つ取り上げて説明した。それは、電子メールやOfficeに代表される非構造化データと、ビジネスアプリケーションなどの構造化データを一緒に扱えるようにすることの必要性に関するものだった。

 「Excelに手を加えて、(同プログラムが)リッチな構造化データをもっとよく理解できるようにしなければならない」(Gates)

 同氏はまた、Microsoft CRMの次期バージョンを使ったデモを行い、同社がどのように次世代の製品とのギャップを埋めようとしているかについて、2、3の例を交えながら説明した。

 Gatesは、「Convergence 2005」イベントの閉幕にあたって、今回の講演を行った。同イベントは、エンタープライズ・リソース・マネジメントソフトウェアを扱うビジネスアプリケーション部門の戦略をアピールするためにMicrosoftが開催したもの。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算