編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ジャストシステム、「一太郎」の差し止め請求に対し控訴

井上隆行(CNET Japan編集部)

2005-02-08 17:49

 ジャストシステムは2月8日、松下電器産業が特許権の侵害として同社製品の販売差し止めなどを求めている訴訟に対し、東京高裁に控訴した。

 差し止めを求められているのは、ワープロソフト「一太郎」とグラフィックソフト「花子」の2製品で、ヘルプの表示方法が松下所有の特許に抵触するかどうかが争点となっている。

 東京地裁で行われた第一審では、ソフトの機能を表示するヘルプアイコンの機能が争点となった。利用者はこのアイコンをクリックすることによってヘルプモードに入り、その状態で知りたい場所をクリックするとヘルプが表示される仕組みになっている。この機能が松下の持つ特許の侵害に当たるかどうかが争われた。

 2月1日、東京地裁は松下の差し止め請求を認める判決を出した。ジャストシステムはこれを不服として控訴する。

 ジャストシステム代表取締役社長の浮川和宣氏は、次のような声明を出している。「そもそも発明の精神は、産業の発達に寄与することを本来の目的としているものであって、発明そのものの権利を乱用することによって技術の発展を阻害するものであってはならないと考えております(特許法第1条には『発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする』と記述されています)。本件は、その精神から逸脱して、産業の発達に寄与しない訴訟だと考えております」

ジャストシステム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]