Firefoxのマイナーアップデート版が登場--セキュリティ問題を修正

Steven Musil (CNET News.com)

2005-02-25 18:26

 Mozilla Foundationは米国時間24日、Firefoxブラウザのアップデートをリリースした。このバージョン1.0.1では、ドメイン名を偽装したフィッシング詐欺に悪用される問題が修正されている。

 以前のFirefoxには、半角英数字以外の文字列で登録されたドメイン名を扱うための標準である、国際化ドメイン名(IDN)を悪用したフィッシング詐欺が可能になる問題があった。たとえばPayPal.comドメインの最初の「a」にあたる部分にUnicodeの「а」の字をあてて「http://www.pаypal.com」とし、本物のPayPalサイト(「http://www.paypal.com」)に見せかける、といったことが考えられた。

 Firefoxは今回のアップデートで、アドレスバーに IDN Punycodeを表示し、URLの偽装を防ぐように変更された。PunycodeとはASCII文字以外の文字列を、Domain Name System(DNS)とIDNがサポートするASCII文字に変換する符号化手法の1つ。

 「ユーザーが安全にブラウザを使い続けられるようにするには、定期的にセキュリティアップデートをリリースしていくことが欠かせない」と、Mozilla Foundationのエンジニアリング担当ディレクターのChris Hofmannは声明のなかで述べている。

 Firefox 1.0.1は、Windows 、Mac OS X、Linux用の各バージョンがMozilla.orgで公開されている。

 Firefoxは、バージョン1.0の公開からわずか100日で、累計ダウンロード数が2500万件を突破した。Mozilla Foundationによると、現在は毎日平均25万人が同ソフトウェアをダウンロードしており、さらに50を超えるウェブサイトが同ブラウザを売り込むキャンペーンを行っているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]