「ベンチャー精神の復活を」--セイコーエプソン、花岡副社長の社長就任を発表

永井美智子(CNET Japan編集部) 2005年02月23日 19時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは現在代表取締役副社長を務める花岡清二氏が4月1日付けで代表取締役社長に昇格する人事を2月22日に発表した。同日開催した取締役会で決定した。

 これに伴い、現在代表取締役社長の草間三郎氏は代表取締役会長に、同取締役会長の安川英昭は取締役相談役にそれぞれ就任する。

セイコーエプソンの次期社長に内定した代表取締役副社長の花岡清二氏(右)と、会長になる代表取締役社長の草間三郎氏(左)

 今回の人事について草間氏は、社長就任当時から任期を4年と定めていたと話す。「社長に就任した時点から(次の社長候補は)花岡しかいないと決めていた」(草間氏)。技術者として30年にわたりプリンタ事業に携わったほか、電子デバイス事業や新規事業開発などさまざまな事業を経験してきたことなどを評価している。

 花岡氏は「情報関連事業とデバイス事業の2つが会社の両輪として健全に回っていることが理想だが、これまでそれが成し得たことはなかった」とした上で、情報関連事業は市場のニーズを先取りした商品の開発を、デバイス事業は市況に左右されない経営体質を作ることを目標として掲げた。また、現在の課題について聞かれると、「セイコーエプソンはもともと自由に議論を行って事業を進めていく会社だったが、1990年代に急成長したことでそういった雰囲気が薄れてきている。ベンチャー精神を忘れてはいけない」と話した。

 花岡氏は1947年長野県生まれの57歳。1970年に東北大学工学部を卒業後、セイコーエプソンに入社し、Epson America, Inc.副社長などを務めた。2003年4月より現職。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化