シスコなど3社、脆弱性に関する共通の評価システムを立ち上げへ

Robert Lemos (CNET News.com) 2005年02月16日 20時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Cisco Systems、Symantec、Qualysの3社が、セキュリティ脆弱性の評価システムを共同で立ち上げる。この取り組みを通して、3社は企業各社に対して、どのソフトウェアの問題に先に対処するべきかの目安となる情報を提供していくことになった。

 セキュリティ情報を提供するQualysの最高技術責任者(CTO)Gerhard Eschelbeckによると、この評価は3つの数字で示されることになるという。

 このうちの1つ目は脆弱性の深刻度に関する基本的な情報。2つ目は脆弱性が見つかってからの経過時間を元に出した評価で、その脆弱性を修正するパッチを適用している企業の割合を予測して示す。そして、3つ目はその脆弱性が特定の企業ネットワークに与える脅威の程度を測るものとなる。これら3つの数字は、それぞれ5つから6つの要素を考慮して割り出される。

 3社はこのシステムの最初のバージョンを米国時間17日に発表する予定だと、Eschelbeckは述べた。3社は、BugTraqのような脆弱性追跡サービスがこのアプローチを使って、ソフトウェアのバグが見つかった場合にその深刻度を評価するよう提案している。企業各社はこの評価を元に自社ネットワークに対するリスクの程度を割り出したり、脆弱性の影響を受けるソフトウェアにどれほど自社が依存しているかといった要素に応じて、脆弱性に対する独自の評価を下したりすることができる。

 「このシステムでは3つの数字で脆弱性の深刻度を表すが、顧客企業は最終的には特定の数字をチェックするようになるだろう。そのため、自社がどれほど危険にさらされているかを即座に判断できる」(Eschelbeck)

 またユーザーは、この評価システムを使うことにより、WindowsやLinux、Mac OS Xなどのように、異なるコンピュータプラットフォームで見つかった脆弱性の深刻度を比較することが可能になる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算