トーバルズ:「開発中のカーネルを毎日テストすべき」--MLで呼びかけ

Ingrid Marson (ZDNet UK) 2005年03月31日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの生みの親であるLinus Torvaldsは米国時間29日、Linuxカーネルの定期パフォーマンステストを頻繁に実施するよう提唱した。

 パフォーマンスデータは現在、直近のプロダクションカーネル数バージョン分しか入手できない。Torvaldsは、効率の悪いコードを簡単に見つけ出せるようにするため、開発中のカーネルについてもパフォーマンステストを継続的に行うべきだと述べた。

 TorvaldsはLinuxカーネルのメーリングリストに、「カーネルのテストをリリース時だけに行っていると、コード作成から問題発見までに2カ月のタイムラグが生じる。毎日(もしくは少なくとも週2〜3回は)テストを実施した方が、得られるものも大きい」と記載している。

 この問題は、IntelのKenneth Chenがカーネル2.6の各種バージョンのパフォーマンスデータを発表したことを受けて浮上した。このテストでは、Linuxカーネル2.6.11、2.6.9、2.6.8、2.6.2のパフォーマンスが、Red Hat Enterprise Linux 3(RHEL3)より、それぞれ13%、6%、23%、1%ずつ低かったとされている。RHEL3は、カーネル2.4ベースの製品で、これにカーネル2.6の機能の一部が取り入れられていた。

 Torvaldsによると、パフォーマンスの低下を引き起こしたコードを特定するには、より詳細なテストデータが必要だという。

 Chenは、定期パフォーマンステストをもっと頻繁に行えるよう会社のマネジメント層を説得するつもりだと述べる。「Linusがテストデータを毎日確認したがっていることを、会社のマネジメント層に知ってもらいたい」(Chen)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算