編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

チェック・ポイント、OPSECパートナープログラムをVoIPなどに拡大

エースラッシュ

2005-04-01 17:24

 Checkpoint Software Technologiesは4月1日、OPSEC(Open Platform for Security)のパートナーアライアンス・プログラムにおける新たなソリューション領域を発表した。

 今回追加されたのは、内部セキュリティ/Webセキュリティ/コンテンツ・セキュリティ/Total Access Protection(TAP)/Voice over IP(VoIP)/法令遵守の6カテゴリ。これは、特に顧客からの要望が多かったものだという。

 カテゴリが拡張されたことにより、他カテゴリソリューションとシームレスな相互運用を行うことで、より完全なセキュリティ・アーキテクチャが構築できるようになる。

 同社は、この新しいソリューションへの取り組みによって、顧客はベスト・オブ・ブリード・フレームワークを通じてセキュリティ目標を達成することが可能になったとしている。

Checkpoint Software Technologies
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]