EU、米議会にバイオメトリックパスポートの計画延期を要請

Andy McCue (Silicon.com) 2005年04月04日 12時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州連合(EU)は、米国への入国ビザを不要にするバイオメトリックパスポートの導入開始時期を延長するように米国に呼びかけた。

 米国は2005年10月より、バイオメトリック情報を電子チップ上に保存したパスポートの携行を、ビザを持たない入国者に義務付ける計画だ。これについて、EUの司法担当委員Franco Frattiniが、導入を2006年8月まで延期するように要請する文書を米国議会に宛てて送付した。

 Frattiniは、情報読み取り機器の相互運用性やセキュリティ上の問題を解決するのに予想以上の時間がかかっている点、また、10月の開始時点で対応可能なEU加盟国が6カ国(オーストリア/ベルギー/フィンランド/ドイツ/ルクセンブルク/スウェーデン)しかない点を、延期要請の理由として挙げている。

 また、2005年末からのバイオメトリックパスポート導入を計画している英国も、導入時期の延長に向けて米国と個別に交渉を行っている。英国のバイオメトリックパスポートは、所有者のデジタル画像を保存したチップを持つ。一方、EU版パスポートでは、指紋または虹彩の情報も保持する。

 米国が要求に応じた場合、バイオメトリックパスポートの開始時期が延長されるのは2回目となる。逆に米国が応じなかった場合、新型パスポートを携行しない人々は、米国への渡航に際してビザを取得しなければならない。

 また、今回の動きとは別にEUは、バイオメトリクス技術が市民の日常生活にどのような影響を及ぼすか調査を行い、結果を発表した。

 EUは「Biometrics at the Frontiers: Assessing the impact on Society」と題された調査レポートで、コストが下がり、バイオメトリクス技術が社会で普及することについて、政策立案者はその影響力を考慮する必要があると警告している。

 この調査では、バイオメトリクスによって受けられる恩恵を認める一方で、同技術の信頼性と義務化によって生じる問題を提起している。また、大規模な実地試験の必要性についても、同調査レポートには記載されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算