ランドスケイプとインフォファーム、企業情報を参照できるCRMパッケージを提供

エースラッシュ

2005-04-05 17:03

 ランドスケイプは4月5日、インフォファームが開発した「InfoFarm戦略箱」のオプションサービスとして、同社が構築した企業情報の最新版をインターネット経由で入手できるサービスを4月1日から開始したと発表した。

 「InfoFarm戦略箱」は、低価格ながら豊富な標準機能とユーザーカスタマイズ機能を備え、日本語だけではなく英語や中国語にも対応したCRMパッケージだ。今回提供開始されたのは、このパッケージのオプションサービスとなる企業情報データベース。CRMシステムの構築・運用にあたって必要となる、正確で即時性の高い顧客情報として利用できるよう、インターネット経由から常時入手可能なWebサービスとして提供される。

 データの内容は、ランドスケイプが独自構築した企業コード「LBC」によって管理される約750万件の企業情報だ。当期された本社情報に加え、従業員数、決算・役員情報といった豊富な属性を保持。大企業の支店や出張所といった拠点、自営業者まであらゆる形態・規模の企業情報を保有している。

 LBCは全国の企業を統一基準でコード化しているもので、企業情報を社名変更や移転、合併情報などとひもづけし、資本従属関係や本支店関係をツリー構造として把握することができる。これによって、得意先の管理・分析や営業の横展開といったマーケティング戦略ツールとしての利用も可能となる。

ランドスケイプ
インフォファーム

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]