日本HP、販売パートナー制度を刷新

ニューズフロント

2005-04-13 15:12

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月13日、販売パートナー制度を大幅に刷新し、新たな販売パートナー向けプログラム「パートナー・ワン(PartnerONE)」の導入とパートナービジネス展開に向けた体制強化を行うと発表した。

 これまで、同社は、販売特約店と販売店という契約形態で販売パートナーを2種類に分類していた。PartnerONEプログラムでは、4つのメンバーシップレベルと1つのディストリビューション・パートナーに分類することで、「パートナーの役割を明確化し、ビジネス状況に応じたきめ細かい支援をする」(同社)。

 各分類の概要は以下の通り。

  • メンバーシップレベル/プレミアビジネスパートナー:
    日本HP製品に関する特に高い技術力と提案能力を持ち、豊富なソリューション提供実績を持つパートナー。日本HPの定める売上実績および認定基準を満たす必要がある
  • メンバーシップレベル/プレミアエンタープライズビジネスパートナー:
    日本HP製品に関する特に高い技術力と提案能力を持ち、エンタープライズ分野における豊富なソリューション提供実績のあるパートナー。日本HPの定める売上実績および認定基準を満たす必要がある
  • メンバーシップレベル/ビジネスパートナー:
    日本HP製品に関する高い技術力を持ち、顧客ニーズにあった付加価値を提供できるパートナー。日本HPの定める売上実績および認定基準を満たす必要がある
  • メンバーシップレベル/販売店:
    日本HP製品を顧客に提案/販売するパートナー。パートナー制度のエントリーレベルという位置付けで、登録は無償で行える
  • ディストリビューション・パートナー:
    日本HP製品を効率的に販売するための流通基盤と全国規模の販売能力を持ち、日本HPと共同でパートナーへの販売支援活動や、新規販売パートナーの開拓を行うパートナー。日本HPの定める売上実績および認定基準を満たす必要がある

 また、同社はPartnerONEプログラム導入に合わせ、パートナービジネスの高収益化や、地域販売店およびシステムインテグレータ支援の強化など、「当社とパートナーのそれぞれが成長可能な体制を構築する」(同社)。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]