編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ラック、個人情報漏洩緊急対応サービス「個人情報119」を提供開始

エースラッシュ

2005-04-13 17:15

 ラックは4月13日、セキュアネットサービスの新メニューとして「個人情報119」の提供を開始すると発表した。

 今回提供される個人情報漏洩緊急対応サービス「個人情報119」は、同社で蓄積された案件対応の実績とノウハウを活かしたもの。より早い段階での事案対処を行うことで、被害の拡大や再発が防止できるのである。初期段階における内部調査から漏洩事実の確認、漏洩ルートや犯人の特定作業、関係機関への届出支援、事業継続への適切な助言、再発防止策の提案や実施までが一貫して実施される。

 具体的なサービス概要は、まず24時間を目処に被害拡大防止や証拠保全のアドバイスを行う初動対応が行われる。次いで、原因調査/手法・漏洩ルート調査/犯人調査などを1週間を目処に実施。復旧支援については、停止したサービス再開にあたってサーバ/サイト/DBの弱点診断、対策のアドバイスも含まれる。さらに、二次被害の防止策/被害者への適切なアプローチ/謝罪会見や謝罪告知のアドバイス/監督官庁や警察への被害届提出支援といった被害者保護・謝罪サービス、運用マネジメント系/システム系/ネットワーク系などへの本格対応も行われるという。

ラック

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]