編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本TIが顧客専任エンジニアを組織--新社長の山崎俊行氏が戦術を語る

日川佳三(編集部)

2005-04-15 14:35

 4月2日に半導体企業の日本テキサス・インスツルメンツ社長に就任した山崎俊行氏が4月15日、同社の今後の戦術を語った。販売代理店の技術スタッフを拡充するほか、「個々の顧客ごとに専任のエンジニアを組織する」(山崎俊行氏)など、販売サポート体制を強化する。売上目標などの数字は非公開。

 日本テキサス・インスツルメンツは半導体大手の米Texas Instrumentsの子会社である。携帯電話や情報家電向けの組み込みプロセッサを中核とし、デジタル信号の処理に特化したDSP(Digital Signal Processor)やアナログ信号処理用ICを主な収益源とする。

日本テキサス・インスツルメンツ代表取締役社長の山崎俊行氏

 山崎俊行氏はまた、同社が重点的に推進する業務を3つ挙げて説明した。1つ目は主に携帯電話機向けのアプリケーション実行用プロセッサであるOMAP(Open Multimedia Application Platform)で、FOMAの携帯電話機のすべてに搭載されている。2つ目は、大画面テレビ用のプロジェクタLSIであるDLP(Digital Light Processing)チップである。720pに代わる1080pのチップを出荷済みだ。3つ目はシグナル・チェーン・オン・チップ(Signal Chain on Chip)で、アナログ信号をデジタル処理してアナログ出力するまでの一連の処理を1個のチップでまかなう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]