編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

警察庁、複数ベンダーのTCP/IPに関する脆弱性情報を発表

エースラッシュ

2005-04-15 18:31

 警察庁は4月14日、同庁が運営するセキュリティ情報提供サイト「@police」において、TCP/IPに関する脆弱性情報を発表した。

 今回の発表は、各ベンダーにおけるTCP/IP関連の脆弱性情報をまとめたもの。主なベンダー情報として、最近ICMPパケットの悪用によってDoSが起こることを発表したMicrosoftやCisco Systemsのほか、IBM、Juniper Networks、Red Hatなどのセキュリティ情報ページが挙げられている。

 同庁では脆弱性を有する製品のユーザーに対し、適切なパッチを入手後にアプリケーション等への影響を考慮した上で適用をするよう促している。なお、これらの脆弱性については引き続き検証中とのことだ。

@police
警察庁

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]