編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

シスコ、CRS-1用のIOS XRをCisco 12000向けにも提供へ

Marguerite Reardon(CNET News.com)

2005-04-19 19:51

 IPルータ分野でライバルの追撃をかわすため、Cisco Systemsは新しいOSを採用して旧型のルータ製品ラインを蘇らせようとしている。

 Ciscoは現地時間18日に、同社のルータ製品である「Cisco 12000」シリーズ向けにIOS XRを提供していくと発表した。同OSは、もともとCiscoの次世代コアルータ「CRS-1」向けに開発されたものだ。IPコアルータとは、通信事業者やインターネットサービスプロバイダ(ISP)がインターネットを行き来するトラフィックの処理に使用しているもの。

 Ciscoの売上のうち、電話会社やISP、ケーブルテレビ会社からの売上は25%を占めている。この分野は同社にとって重要な市場だ。そして、通信事業者らがデータやビデオ、音声など、すべてのトラフィックのやりとりをInternet Protocolベースのネットワークに切り替えるなかで、Ciscoはこの新興市場から利益を得ようと待ちかまえている。

 「今日のサービスプロバイダ市場における成長の大半は、IPによるものだ」と、Cisco最高経営責任者(CEO)のJohn Chambersは、先ごろCNET News.comが行ったインタビューのなかで述べていた。「そして、われわれは、まさにその中心にいる」(Chambers)

 CiscoはIPルータ市場で首位に立っている。IPルータは、インターネットでデータをやりとりするのに用いられる機器。同社は現在、着実に市場シェアを拡大しているJuniper Networksからの激しい追い上げにあっている。Ciscoは「Cisco 12000」シリーズ向けに最近開発したIOS XRを採用し、Juniperに対して反撃に出ている。

 IOS XRは、2004年に発表されたCRS-1向けにつくられたものだが、CRS-1の開発には4 年間に5億ドルの開発費用が投入された。IOS XRはモジュール化がさらに進んでおり、サービスプロバイダらが、トラフィックの流れをさえぎることなく、既存のネットワークをアップグレードできるため、旧世代のコードに比べて機能が向上していると考えられている。さらに、新OSではいくつかの自律回復機能が提供されていることから、信頼性もさらに高まっている。

 アップデートされたCisco 12000ルータ製品群は、そのOS名を反映する形で、Cisco XR 12000という名称に変更されている。Cisco 12000シリーズは全世界で約2万5000台が導入されており、Ciscoにとってはきわめて重要な製品である。CRS-1は世界の中でも大規模なネットワークを対象に設計されているが、これに対しCisco 12000はそれよりも規模の小さいネットワークで用いられている。12000はまた、キャリアのネットワークのエッジ部分でトラフィックを集約するのにも使われている。

 Cisco XR 12000は6月にも登場するとみられ、基本構成時の価格は4万5500ドルになるとCiscoでは説明している。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]