L・トーバルズ、新しいLinux開発管理システムに「Git」を導入

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年04月21日 12時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの生みの親で、同OSの開発を指揮するLinus Torvaldsが、プロジェクトのソースコード管理用に「Git」と呼ばれる新しいツールを使い始めた。これまで使っていたシステムをめぐって論争が持ち上がったため、同氏はしばらく前からその使用をとりやめていた。

 Torvaldsは今月はじめ、「BitKeeper」という管理システムの利用を中止し、Linuxの開発プロジェクトに参加する数百人のプログラマーが最新情報を電子メールでやりとりするという、昔ながらのやり方に戻していた。しかし、Gitへの移行により、Linuxプロジェクトはアップデートの流れをコントロールしたり、変更箇所を追跡するための自動メカニズムを再び手に入れたことになる。

 Torvaldsは、BitMover(本社:カリフォルニア州サウスサンフランシスコ)という会社が開発/販売するプロプライエタリソフトウェア「BitKeeper」を2002年に導入した。同氏は、これがLinuxプログラマーの生産性を向上させたと賞賛した。だが、それとほぼ同時に、周囲からはプロプライエタリなソフトウェアへの依存に対する反発の声が上がり始めた。

 今年に入り、反対者からはさらに強い反発の声が上がっていた。BitMover創業者のLarry McVoyが、オープンソースコミュニティがBitKeeperを模倣しようとしているとし、不満を訴えた--特に、Open Source Development LabsでTorvaldsの同僚として働くAndrew Tridgellの取り組みは、名指しで非難された。Tridgellは、「SourcePuller」というBitKeeper互換製品の開発プロジェクトを進めていた。

 米国時間20日に行われたインタビューのなかで、TorvaldsとMcVoyは、GitプロジェクトではBitKeeperとの互換性実現を一切追求していないと語った。このため、移行は困難だがMcVoyとは一切衝突しないことになる。

 「早急に利用できるものが必要だった」とTorvaldsは電子メールのなかで述べている。「あらゆる面で至らない部分はあっても、自分のニーズに十分応えるようなものを実装することは可能だと確信している。既存のSCM(ソースコード管理ツール)を、カーネルのように規模が大きく広範囲に配布されるものに合わせて導入するより、(自分なら)独自に実装した方が早い」(Torvalds)

 GitにはBitKeeperの経験も活かされている。それを示す明確な証拠が、いずれのツールも1つの一元管理されたデータベースにソフトウェアを格納していない点だと、Torvaldsは説明する。

 「分散開発の本当のやり方はBK(BitKeeper)から学んだ。このやり方が、今のところはかなり成功している。BKとの互換性はないが、Gitは自分がBKを選ぶことになった経緯を活かして設計されている」(Torvalds)

 同氏はさらに、SourcePullerでは当面の課題を解決できないと付け加えた。

 「BKならできていたことを、SPでは1つもできない。最終的な結果しか分からない。また、SPとBKは併用できなければ無意味だ」(Torvalds)

 Gitには、Linux本体のようにGeneral Public License(GPL)が適用され、約5〜10人のプログラマが「本格的に開発に携わっている」とTorvaldsは語っている。しかし同氏は、このプロジェクトがLinuxのカーネル開発作業以外にも役立つものになるとは予想していない。

 「今のところ、Gitを使って得られるメリットよりは、それを使う苦痛のほうが大きい。ただし、具体的なニーズがあれば話は別だ。そのようなニーズは、カーネル開発プロセスにはあっても、ほかのプロジェクトにはあまり多くない(あるいは全くない)。カーネルの開発者にとっても、BKより使い心地が悪くなることは確かだ」(Torvalds)

 McVoyはGitについて、「Linusが解決しようとしている問題には十分役に立つ」が、しかしこれは一通りの機能が揃ったソースコード管理システムではないと述べている。「Torvaldsはものすごい数のパッチを受け取っており、彼は自分の使用するソフトウェアをそのために最適化している」(McVoy)

 「Linusは自分が必要とする機能の5%に焦点を絞った。Linusの立場なら誰もがGitをとても気に入るだろう。だが、SCMシステムにもっと普通の事柄を期待する普通のユーザーなら、Gitには物足りなさを感じると思う」(McVoy)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化