競合他社が恐れる友好的な合併効果は確実--ベリタスCEO - (page 2)

別井貴志(編集部)

2005-04-28 15:35

--競合他社は、企業文化の違う会社同士だから合併はうまくいかないと牽制していますが。

 それは、当然予想された反応です。企業文化という面なら我々は非常に似ていると思います。ハードウェアとソフトウェア企業の合併ではなく、両者ともソフトウェア企業ですし。そのため、競合他社は反対に我々のことを恐れているのでしょう。合併が叶えば、ソフトウェア企業で4番目の大企業となります。インフラソフトウェアとしてはリーダーとなります。

 現在のOracleはソフトウェア企業として巨人ですが、OracleとPeopleSoftの合併と違うのは、彼らは強制的、暴力的な買収で、我々は友好的な買収ということです。さらに、彼らは製品分野がかなり重なっているので、消えていく製品が出てくるでしょうが、我々はほとんど重複している分野はありません。いくつかの製品を殺すよりも、両者の製品を活かしつつノウハウや価値を統合化して新製品を生み出していくほうがよっぽどいいと思いませんか。

 また、EMCを競合と見る人もいるでしょうが、彼らはセキュリティをもっていません。バックアップではシェアを落として、それを我々がどんどん奪っていってます。合併後は、EMCをおもな競合相手にはならないと考えています。

--日本のユーザーに対してメッセージはありますか。

 日本を含めた全世界のユーザーに対して、これまでの製品の提供とサポートは合併後も何ら変わらずに、満足してもらうための努力を続けていきます。日本においてスタートしたプロセスは、日本のエンジニアリングセンターをローンチしたことです。そしてOEM提供者とより緊密に仕事をして、新技術を提供していきます。

--2006年のVERITAS VISIONは開催されますか。

 そこまで詳細はまだ決定していませんが、開催したいですね。名称はSymantec VISIONでいいと思っていますが、いずれにせよセキュリティとアベイラビリティのカンファレンスとなり、内容はVERITASの全製品とSymantecのエンタープライズ向け製品になるでしょう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]