ウェブセンス、従業員の携帯記録メディアを管理するソフト

ニューズフロント 2005年05月09日 15時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブセンス・ジャパンは5月9日、USBメモリやCD-ROMといった取り外して携帯できる記録メディアからの悪質なコードの侵入などを防止できるセキュリティソフトウェア「Websense Client Policy Manager」(CPM)の新版を販売開始した。

 取り外し可能な記録メディア装置は、管理せずに放置した状態では、極秘の企業情報を不正に持ち出す手段となる可能性があるだけでなく、悪質なコードを組織内のネットワーク環境に持ち込む経路にもなりえる。

 そこで、CPMの新版では、取り外し可能な記録メディア装置ついて、完全に使用禁止にするなど従業員ごとのポリシーを設定できるようになった。またCPMは、従業員の使用が許可されていないアプリケーションを識別し、その動作を阻止することでPCやサーバを保護する。スパイウェアやキーロガー、P2Pファイル共有ツール、ハッキングツールといった有害なアプリケーションの実行も防止できる。

 さらに、同社は同日、ウェブベースの脅威に対抗するソフトウェアの新版「Websense Web Security Suite - Lockdown Japan Edition」を発売した。このソフトウェアを使用すると、システムをスパイウェアから保護し、悪質なモバイルコードやその他ウェブベースの脅威によるアクセスを妨げ、スパイウェアやキーロガーによる第三者への情報送信を防止する。

 なお、現在CPMまたはWebsense Web Security Suite - Lockdown Japan Editionを使用しているユーザーは、それぞれの新版に無償アップグレードできる。

ウェブセンス・ジャパン

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算