編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アパッチのメンバーら、オープンソースJavaの開発を提案

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-05-10 11:05

 Apache Foundationが、デスクトップ向けのオープンソース版Javaの開発を提案した。この計画に対し、Sun Microsystemsはとりあえず歓迎の意向を示している。

 米国時間6日に正式に提案された「Project Harmony」は、デスクトップPCでJavaプログラムを動作させるのに必要な「Java 2 Standard Edition(J2SE)」と呼ばれるソフトウェアの全面的な書き直しをねらいとしている。

 同プロジェクトは、人気の高い複数のオープンソース製品を支えるApacheのメンバーと、Javaの開発に携わる複数の個人によって提案された。提案者らは、Javaバーチャルマシン(JVM)、関連のライブラリ類、そしてテスト用ソフトウェアの開発を計画しており、これらはすべてApacheのオープンソースライセンスで公開される。

 同プロジェクトの提案が受け入れられれば、オープンソースの開発者らが何年も前から要求してきた--そしてSunが拒み続けてきたものが誕生することになる。

 Sunは、J2SEの開発を主導するとともに、テスト用ツールと、異なるJavaソフトウェアライセンシー間の互換性を保証するリファレンス・インプリメンテーションを提供している。同社は、法的な面と、Javaの互換性に対する顧客の懸念を考慮し、自社のJ2SEソフトウェアをまだオープンソースにしてはいない。

 Project Harmonyを提案したグループは、オープンソース版J2SEには「コミュニティから幅広い関心が寄せられている」と同プロジェクトの提案書とFAQに記している。そこには、Project HarmonyはSunとの直接的な競合を意図したものではないと書かれており、法的問題を回避するコード提出プロセスを採用するとの記述もある。

 同グループが今このプロジェクトに着手するのは、Sunがオープンソースソフトウェアのさらなる便宜をはかるべく「Java Community Process」と呼ばれるJava標準化作業の規則を変更したためだ。

 Sunのバイスプレジデント兼フェローのGraham Hamiltonによると、Sunは同プロジェクトを歓迎するが、個人的にはその必要性に疑問を感じるという。

 Hamiltonは自身のブログに、「Harmonyプロジェクトの今後の進展はかなり気になる。J2SEを本格的に実装するのは途方もなく大変な作業だ。そのことはSunのJ2SEチームが百も承知だ」と書いている。

 Hamiltonはさらに、Sunも同プロジェクトに何らかの形で参加する可能性が高いと付け加えている。

 オープンソース版Javaの支持者らはProject Harmonyを歓迎するものと思われるが、どのようなプロジェクトでも、その結果が見えるまでには3〜5年がかかると、Burton GroupのアナリストAnne Thomas Manesは話している。同氏によると、ApacheはSunが用意したJ2SEのテストガイドラインに従わざるを得ないため、互換性の問題は発生しないはずだという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]