NEC、最先端技術の研究拠点、玉川ルネッサンスシティ完成、環境への配慮も

WebBCN (BCN) 2005年05月12日 11時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEC(金杉明信社長)が、97年10月から玉川事業場(川崎市中原区)で建設を進めてきた「玉川ルネッサンスシティ」がこのほど完成、5月11日に報道陣に公開した。

 玉川ルネッサンスシティは、通信機器やコンピュータなどの開発製造拠点だった玉川事業場敷地内に97年から建設を進めてきたもの。2000年2月に竣工した26階建のサウスタワー(高さ116メートル)に続き、今回、37階建のノースタワー(同156メートル)と2階建のホール棟が完成した。これまでの投資額は約600億円。

 サウスタワーにはすでにNECエレクトロニクスやNECシステムテクノロジーなどが入居しており、完成したノースタワーはモバイル関連の開発拠点となる。サウスタワーの3000人に加え、あらたにノースタワーでは7000人が就業。玉川事業場全体では1万4000人が働くことになる。

 玉川ルネッサンスシティで会見した金杉社長は、「玉川事業場は、無線機器や真空管などの開発製造拠点として1936年に開設されたNECの第2の創業の地。玉川ルネッサンスシティの完成で、従業員もピーク時のレベルに戻った」と語り、製造部門の移転などで減少していた同地区の従業員数は、開発拠点を集約することで大幅に増えることになった。

 また、川崎市の阿部孝夫市長は、「玉川ルネッサンスシティの完成で、地域が活性化する」と期待を語った。

 玉川ルネッサンスシティは、モバイルやデバイスなどの最先端技術の研究拠点として機能するとともに、環境に配慮したのも特徴。完成したビルを解体した場合でも、リサイクル可能率は約97%という。また、敷地の65%は公開空地として開放。地域住民の憩いの場として提供する。

 またNECでは5月12、13日の両日、ユビキタス社会の実現に向けたNECグループの取り組みを紹介する「e−Trend Conference」をこの玉川ルネッサンスシティで開催する。

NEC

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算