編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アナリストら、HPの大量解雇を予測--新CEOによる四半期決算発表受け

Stephen Shankland (CNET News.com)

2005-05-23 12:00

 Hewlett-Packard(HP)の新CEOであるMark Hurdが、就任後初めてとなる四半期決算報告を行った。これを受けた金融アナリストらは、HPが数千人の従業員を解雇する可能性が高いと予測している。

 Hurdは決算報告後もレイオフの具体案を何ら公表していない。しかし同氏は、HPの目標は経費を節減することであり、同社には「多くの点で業界標準を下回るコスト構造」が存在していると述べた。一方のアナリストらは、HPの将来について、それぞれの予測を示し始めている。

 「Hurdは、2カ月以内にはHP改革の具体案を明らかにするだろう。具体案には、従業員の5〜10%に相当する、7500〜1万5000名を対象としたレイオフが含まれると考えている」と語るのは、Sanford C. BernsteinのアナリストToni Sacconaghiだ。Sacconaghiは、レイオフが行われれば、同社の年収は1株当たり20〜40セント増加すると見積もっている。

 Merrill Lynchでアナリストを務めるSteve Milunovichは、8月までにレイオフの発表があると見ている。Milunovichの分析では、社員数を5〜10%削減することで、1株当たり21〜42セントの増収が見込めるという。

 米国時間20日、HPにレイオフの可能性についてコメントを求めたが、同社は回答を拒否している。

 HPではここ数年、大規模なレイオフが実際に敢行されている。前CEOのCarly Fiorinaが、IBMやDellといったライバルとの競争を優位に運ぼううとCompaq Computerを買収した際にも、数千名の社員が解雇された。

 同様の動きは他社でも見られる。IBMは、サービス部門に所属する1万〜1万3000名のスタッフのレイオフを公表している。また、Sun Microsystemsはここ数年で、数千人の従業員を解雇してきた。

 HPでは現在、イメージング&プリンティング部門/サーバ&ストレージ部門/サービス部門において、レイオフが進められている。もっとも、HPはスタッフに解雇通知を一方的に手渡してきたわけではない。イメージング&プリンティング部門では1900名のスタッフが、早期退職制度を利用している。

 HPは第2四半期(4月30日締め)中、イメージング&プリンティング部門では7100万ドル、サービス部門では7400万ドル、サーバ&ストレージ部門では2400万ドルの人件費を削減している。

 またHPは、予定しているレイオフのため、今四半期に1億ドルの予算を組んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]