外資系メーカーが市場シェアの半分以上--PCサーバ国内出荷実績

エースラッシュ 2005年05月26日 20時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MM総研は5月26日、2004年度(2004年4月〜2005年3月)のPCサーバ国内出荷実績に関するレポートを発表した。全体の出荷実績を見ると、台数ベースでは前年度比17.3%増の42万9800台と中小企業を中心とした買い換え需要を反映した形だが、売れ筋が低価格製品だったため、価格ベースでは前年度比0.6%増とほぼ横ばいの1770億円にとどまった。

 台数が大きく伸びたのは、2000年問題時に買い換えられた「Y2K特需」マシンが買い換え時期になったためだ。大手から中小まで幅広く民間企業を中心に買い換えが活発化した。

 メーカーシェアで最も高い伸びを見せたのが前年度比35.2%増となった日本HPで、富士通を抜いて3位に躍進している。一方で、これまで市場の伸びを牽引してきたデルは前年度比13.9%増ながらシェアは18.5%にダウン。国内メーカーはNECと富士通が2桁成長をしたものの市場全体の伸びに及ばずシェアを落としている。

 日本HPとデル、日本IBMという外資系ベンダー3社の合計シェアは50.8%と市場全体の半分を占めるまでに拡大している状態だ。

 今後の市場規模については、2005年度上半期で前年同期比14%増の20万5000台、下半期で同12%増の28万台となり、年間トータルで13%増の48万5000台に達して過去最高を記録するだろうと予測している。その理由として、景気回復に伴う雇用増大や設備投資が引き続き行われることや、需要が低価格商品一辺倒から高付加価値商品へと多様化することなどが挙げられている。

MM総研のニュースリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算