編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Internet Explorer 7、Windows 2000向けは登場せず

Ingrid Marson (ZDNet UK)

2005-06-03 09:15

 Microsoftが、Windows 2000オペレーティングシステム(OS)向けにはInternet Explorer(IE)の新しいバージョンを投入しないと認めたことから、同社の方針に対して一部で批判の声が上がっている。

 Microsoftのある社員が、先週末に公開したブログのなかで、Windows 2000向けにはIE 7がリリースされないことを認めた。

 「われわれがWindows 2000用IE 7のリリースを計画していないのは、別に驚くべきことではない。そうしない理由の1つは、Windows 2000がライフサイクルの終わりにさしかかっていることで、もう1つは、IE 7のセキュリティ機能の一部がXP SP2のOS機能に依存しており、それをWindows 2000に移植し直す作業が簡単には済まないからだ」と、このブログには書かれている。

 Windows 2000は2010年までサポートされるが、Microsoftは今年の6月末で、同OSの設計変更や新機能についてのリクエスト受付を終了する。

 このMicrosoftブログを読んだ数多くのWindows 2000ユーザーが、同OS向けのIE 7が出ないことを知って不満を漏らしている。

 Garryという読者は、Microsoftが2010年までWindows 2000をサポートしながら、ユーザーに最新ブラウザを提供しないのは矛盾していると述べている。

 「重要なのは、Microsoftが2010年までWindows 2000のサポート期間を延長するといっていることだ。これは、企業や一般ユーザーが少なくともその時点まではWindows 2000を使い続けるとMicrosoftが認識していることを示すものだと思う。もしそうだとすると、(IE 7が出されなければ)ユーザーは2010年になっても、明らかに時代遅れのIE 6 SP1を使い続けているということになる」(Garry)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]