ミラポイント ジャパン、エンドユーザー自身が迷惑メールを判断する新技術追加

別井貴志(編集部) 2005年06月08日 21時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラポイント ジャパンは6月8日、企業のゲートウェイなどに設置するメールセキュリティアプライアンス「RazorGate」において隔離される迷惑メールを管理する新アンチスパム技術「Mirapoint Junk Mail Manager」を8月中旬より提供開始すると発表した。

 これまで迷惑メールかどうかの判断は、システム管理者が設定していたが、新技術ではエンドユーザー自身が迷惑メールの判断をつけられるようになる。このため、本来届くべきメールが迷惑メールとして隔離される誤検知や誤判定を大幅に減らせるわけだ。

 隔離メールのタイトルや送信者等の情報を一覧にしたサマリーが自動的に生成され、エンドユーザー自身が定期的にこのサマリーを受け取る。これにより、迷惑メールフォルダに隔離された自身宛のメールを確認し、その中から正常なメールを自身のメールボックスへ移動できる。エンドユーザーのブラックリストとホワイトリストを管理することも可能だ。

 また、類似した機能がある他のアンチスパムツールと比較した場合、新技術はメールサーバ上ではなく、ネットワークエッジで稼動するため、大量のスパムが原因となるメールサーバへの負荷や社内ネットワークのトラフィックを軽減できるという。

 提供は、シーティーシー・エスピー、日商エレクトロニクスをはじめとする同社の国内認定代理店を通じて行う。Mirapoint Junk Mail Managerの価格は、RazorGateの迷惑メール対策機能「Mirapoint Anti-Spam」のライセンスに含まれる。新規にRazorGateを購入する場合の価格は、エントリーモデルの「RazorGate 100」がおよそ120万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算