編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アドビの製品アクティベーションサービスに脆弱性--Photoshopなどに影響

Joris Evers(CNET News.com)

2005-06-14 12:22

 Adobe Systemsの人気の高いグラフィックデザインアプリケーション数点に脆弱性が見つかったと同社が注意を促している。この脆弱性により、ユーザーはハッカーによる攻撃の脅威にさらされる危険性があるという。

 セキュリティ上の脆弱性は、製品アクティベーションに利用されるコンポーネント「Adobe License Management Service」で発見された。Adobeが先週末、同社のウェブサイトに掲載したセキュリティ勧告によれば、この脆弱性は、第三者によるユーザーコンピュータへの不正アクセスを招くおそれがあるという。

 今回発見された脆弱性の影響を受けるのは、Windows版「Adobe Photoshop CS」「Adobe Creative Suite 1.0」「Adobe Premiere Pro 1.5」。カリフォルニア州サンノゼに本拠を置くAdobeは、同脆弱性を悪用した悪質なコードはまだ見つかっていないと述べている。

 セキュリティ企業Secuniaは、この問題の危険性を、同社が規定している5段階評価のちょうど中間となる「中程度に深刻」なものと認定した。

 Adobeは、同問題を修復するセキュリティパッチをすでにリリースしている。なお、「Photoshop CS2」もしくは「Adobe Creative Suite CS2」の稼働するシステムは、同脆弱性の影響を受けないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]