編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HP、マルチレイヤスイッチの最上位機種を発売

WebBCN (BCN)

2005-06-15 11:40

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小田晋吾社長)は、マルチレイヤ・ルーティング・スイッチ製品シリーズ「ProCurve(プロカーブ) Routing Switch 9400sl(以下、9400slシリーズ)」ならびにモジュール製品を8月1日に発売する。また、シャーシ型LANスイッチ製品「ProCurve Switch 5300xl(以下、5300xlシリーズ)」ならびに「ProCurve Wireless Access Point 420シリーズ(以下、420シリーズ)」のセキュリティを強化する、2つの無償ソフトウェア・アップグレードを7月初旬に開始する。

 「9400slシリーズ」は、現行の最上位機種である9300mシリーズの上位機種にあたる製品。1.28テラビット/秒のスイッチング容量と、4億8000万パケット/秒のスループットというパフォーマンスを実現する。また、10ギガビットイーサネット(GbE)を搭載し、IPv6をハードウェアレベルでサポートする。価格は613万2000円から。

 「5300xlシリーズ」向けソフトウェア・アップグレードでは、ネットワークの末端であるエッジ部分におけるコントロール機能を向上。サービス拒否攻撃(DoS)を防御する「ICMPスロットリング機能」などを追加、セキュリティ向上をはかる。

 「420シリーズ」向けソフトウェア・アップグレードでは、無線LANで特定のネットワークを識別するための8つのサービス・セットID(SSID)をはじめ、制御不能なアクセスポイントの検出や運用管理機能によって、セキュリティを向上させる。

日本ヒューレット・パッカード

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]