サンのJ・シュワルツ、「ブログなしでリーダーは生き残れない」

2005年06月23日 19時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Supernova 2005カンファレンスのホストKevin Werbachとのインタビューで、Sunの社長兼COOであり、チーフブロガーでもあるJonathan Schwartzは、リーダーシップを発揮するうえでブログは不可欠なものであり、「ブログなしでリーダーとして生き残ることはできない」とまで述べた。また同氏は「(ブログは)信憑性が第一」であり、ゴーストライターに書いてもらっている企業幹部は優れたコミュニケーターではないとも語った。これはちょっと大げさだ。企業や政界など、さまざまな分野で活躍するリーダーたちの多くは、ブログがなくでも十分にうまくやっているではないか。ただ、同氏の意見にも一理あることは確かだ。ネットワーク化がどんどん進む世界では、透明性と信憑性(信頼を築くこと)が求められるようになり、ブログはそれを支援するツールになる。

 Schwartzは、書いたらすぐに公開できる利便性こそが、ブログという媒体の底力であり、このおかげで幅広い相手とのコミュニケーションが容易になっていると述べた。「(ブログは)われわれの企業文化を武器にして、コミュニティに参加したり、開拓したりするための手段だ。企業とコミュニティを結びつけるものだ」(Schwartz)

 同氏はまた、イントラネットとエクストラネットで行われるコミュニケーションの区別は徐々になくなってくるだろうとも述べた。「やがて、人が行うことの多くがもっと外向きに公開されていくことになるだろう。ネットワーク上でどれだけ信憑性を提示できるかが重要だ」とSchwartzはいう。これに対して、Six ApartのMena Trottは、すべてのブログとそれに付随する会話は公開されるべきだというSchwartzの意見に反対している。「より小さい聴衆を相手にして行う会話は、一般大衆を相手にした会話とは異なる。会話の性質はおのずと違ってくる」とTrottは述べる。

 企業幹部が社員に電子メールを一斉送信すると、たいていそのメールは世間の目に触れることになる。それを考えれば、より単刀直入で透明な書き方をしたほうが信頼性が増し、社員や顧客はもとより、パートナー企業やファン、マスコミなど、より広範囲のコミュニティとの対話がスムーズになる。Amy WohlはSchwartzに、ある社員の業績を褒める場合など、社内に宛てたコミュニケーションを競争相手の人間に読まれると、それらの社員を競争相手に引き抜かれることにならないかと尋ねた。Schwartzはそれに対して、「(競争相手の社員は)自分たちのリーダーよりも私のほうが、優秀な人間であることが分かるのではないか」と答えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算