編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

EMCジャパンがCAS用の新OS「CentraStar 3.0」を出荷、レプリケーション機能を強化

日川佳三(編集部)

2005-07-01 14:52

 EMCジャパンは7月1日、文書や画像、電子メールなど更新がかからないデータをアーカイブ保存する目的を持つ同社のディスク・ストレージ「Centra」で用いる新版OS「CentraStar 3.0」を出荷した。

 CentraStarが動作するCenteraをCAS(Content Addressed Storage)と呼ぶ。CASは、一般的なファイル名による管理ではなく、書き込むデータを一方向ハッシュ関数にかけたハッシュ値を利用して、個々のデータの内容の違いを管理するストレージである。

 新版では、倫理パーティショニング機能を追加したほか、遠隔レプリケーション機能を強化した。倫理パーティショニング機能により、部門ごとに利用可能なパーティションを切り、パーティションごとに個別のセキュリティを設定できる。遠隔レプリケーション機能は、1拠点から3拠点をスター型にぶらさげるレプリケーションと、3拠点をチェーン型につないでリレーするレプリケーションを可能にした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]